e0136511_11571571.jpg



みんな大好きSTAUBを取り扱っている
ツヴィリングJ.A.ヘンケルスジャパン株式会社
9月に発売予定の進化したナイフ
"TWIN Fin Ⅱ"のプレス発表会のレポの続きです。


”ナイフは料理人の大切な手である。”と話されたのは
外苑前の「リストランテ アクアパッツァ」
イタリアンの巨匠 日高良実シェフ

料理を始めた40年位前に揃えられたという
大切なツヴィリング製のナイフを見せてくださいました。

良いものは丁寧にメンテナンスをすれば
長く使えるもの。
何度も研ぎ直されてブレードがこんなに変ってしまっても
手になじんだナイフは
手放す事ができない、まさにシェフの"手”なのでしょう。


長年ツヴィリングのナイフを使用されている日高シェフによる
新作の"TWIN Fin Ⅱ"を使っての
デモンストレーションが行われました。




e0136511_11595882.jpg




まずはトマト。
周りが硬く、中がとてもやわらかい物の代表として
ナイフのデモンストレーションでは
よく使われる食材ですね。

見ていてびっくりしたのは
ナイフをトマトに当てただけなのに
す~と刃が入っていくよう。
力を入れることなく
スパッと切れるといことは
食材を痛めなくて
滑らかな口当たりに仕上がるということですね!





e0136511_11574028.jpg

e0136511_11581642.jpg







"TWIN Fin Ⅱ"のラインナップは6種類
素材にあったナイフで切れ味を見せてくださいます。

シェフナイフ(刃渡り20センチ)では大きな鰆をカットして
カルパッチョを。






e0136511_11584169.jpg
e0136511_11585848.jpg




マルチパーパスナイフ(刃渡り16.5センチ)では
玉ねぎや大根をカットしてサラダを。




e0136511_12021140.jpg



あまりの切れ味の良さにびっくりされたのか
予定にない玉ねぎのみじん切りも
やってみましょう~と
披露してくださいましたよ。




e0136511_11591349.jpg





シェフが使うから切れ味よくみえるんじゃない?
そんな意地悪な事言う人、いるかもしれませんよね。
この体験型プレス発表会では
参加したすべての人が
実際にナイフの切れ味を確かめることができたのです!





e0136511_12533250.jpg
e0136511_12534277.jpg

e0136511_12565004.jpg







みてみて!
このトマトの薄さ!!!

本当に軽く動かすだけなのに
す~~と驚くほどの切れ味!!!

お料理を普段なさらないようなメディアの方も
毎日お料理されている専門家の方も
すべての方が驚く、この切れ味で
会場内からは歓声が沸き起こりました。






e0136511_12001827.jpg






すごい、すごいと言いながら
プチトマトの皮もスルスルと。




e0136511_12011286.jpg


e0136511_13183385.jpg





バゲットとだって
軽る~くこの薄さに切れちゃいます。




e0136511_12563222.jpg





あまりの切れ味にお怪我される方が出たら大変と
ツヴィリングドクターとナース(モデルさんです)も待機!
この演出はさすがとしかいえません。





e0136511_13224613.jpg





切れ味は刃の問題だけではなく
手になじむ感触が大事だと
実際に持って、カットすることで
実感いたしました。

前回の記事でお伝えした
イベントの最初に行われた三つのナイフのブラインドテストの結果も
50パーセントの人が"TWIN Fin Ⅱ"を
持ちやすいと答えたそうです。







e0136511_11555486.jpg





"TWIN Fin Ⅱ"の切れ味と同じように
滑らかな日本語を話される
代表のアンドリュー氏

"最高の物を持つ喜び”というカンパニースローガン

人気におぼれることなく
常に進化を続けていくことで
最高の物を消費者に届けてくださる努力をされている会社。
だからこそ、人気は継続し続け
そしてファンが増えていくのでしょう。
それが伝わってきた
すばらしいプレス発表会でした。





e0136511_13094099.jpg




食洗機も対応できるという嬉しい情報もあり
9月の発売が待ちきれない私は
どのサイズを購入しようかと検討中です。

皆さんも是非
9月の発売の際にはこの切れ味を体験してくださいね!





e0136511_00173672.png















by chee-mama | 2018-07-07 13:38 | おきにいり | Trackback | Comments(0)

e0136511_18020703.jpg




みんな大好きSTAUBを取り扱っている
ツヴィリングJ.A.ヘンケルスジャパン株式会社

ツヴィリング史上、売上数最多という
伝説のオールステンレスナイフ "TWIN Fin"

オールステンレス一体型の
機能と美しさを兼ね備えたナイフの使い心地のよさは
多くのファンがいることから立証済みですが
さすがツヴィリング社。
それに溺れることなく
最新テクノロジーと素材研究に
なんと14年の歳月を費やし
その成果として
前回を上回るすばらしいナイフが誕生したのです。

その名は"TWIN Fin Ⅱ"



e0136511_18013096.jpg



今年の9月に発売予定。
その前のプレス発表会に伺うことができましたので
すばらしいナイフを皆さまにも
発売前に知っていただけたらと思います♪

今、ナイフを買おうと思っているあなた!
どうぞ9月まで
お待ちくださいね!






e0136511_18033859.jpg

e0136511_18445212.jpg




今回のプレス発表会は
参加体験型の楽しい会でした。

まず入り口ではこんなこと。

三つの穴に手を通すと
そこにはそれぞれナイフがセッティングされています。
実際にナイフを握って下ろしてみます。
ナイフ自体は見えないようになっているので
どこのメーカーのナイフかはわかりませんが
一番握り心地がよく
振り下ろしやすいのはどれかを選ぶというものでした。




e0136511_18030576.jpg

e0136511_18024065.jpg

e0136511_18025248.jpg




3つの中のひとつは
普段、私が使っているメーカーのものだと
すぐにわかりました。
ちょっと持ち手に特徴があるからです。
比べてみると他のものよりも重いな~とも感じました。
ナイフはある程度重さもあっていいと思っていましたが
それも作業効率がアップされるような
バランスがあってこそ。
ナイフなんて形も似ているし
それほど違いはないと思っていましたが
とんでもない!
握り心地も振り下ろした感じも
メーカーによって全く違うものだと
比べてみて改めて感じました。





e0136511_18520192.jpg




e0136511_19005666.jpg






会場となったのは外苑前の"リストランテ アクアパッツア”

有名雑誌社の方や
著名なインスタグラマーの方々が集まる中
世界で始めてこの会場で
美しいフォルム、そして切れ味最高という
進化したオールステンレスナイフが姿を現し
切れ味をこの目で見ることができるのです。
そのデモンストレーションは
アクアパッツアの日高シェフによるものでした。


次ではそのデモンストレーションを。
切れ味のすばらしさをご覧いだきますね!





e0136511_18044939.jpg



笑顔の素敵なツヴィリングの社長さん♪
以前、STAUBのファンイベントでもご一緒させていただきました。




by chee-mama | 2018-07-02 19:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)



e0136511_12001827.jpg



美味しい~と思う瞬間は
至福の時

しかも自分で作ったものが
うまくいったら
プロのお料理をいただのよりも
何倍も嬉しい♪

どなたかに作っていただくのは
幸せな事。
でも作る過程の楽しさも
出来上がった達成感も
美味しさにプラスされるから
自分で作ることはもっと幸せ。


逆に
うまくいかないこともある。
プロはお金を頂くわけだから
うまくいかないは許されないだろう。
だから素材を選びぬき
技術を磨いていく。
どのお店もそうであってほしい。





e0136511_12021140.jpg




素人でも今は素材はかなり厳選できる。
技術もそれなりに習得もできる。
毎日ご飯を作っていれば
包丁さばきもうまくなる・・・はず。

ん?
千切りだって、みじん切りだって
もう何千回ってやっている。
でも、え??って思うときがある。

その原因はなにか。
切れない包丁つかってない?

包丁の切れ味が良いと
気持ちが高ぶる。
トントンという音も心地よい。
断面が美しいと
お料理の味も違ってくる。
わかっているけど
包丁のメンテナンス
ちゃんとしなくちゃな~って思う。
きちんと管理していないからいけないのよね。

包丁も適当に選んでない?
お洋服を選ぶとき
色や形、サイズを考えますよね。
同じように
包丁だって使い方や
素材に適した物を選ぶと作りやすくなる。
手の大きさに合わせて
包丁も選んだほうがいいはずだよな~




e0136511_12011286.jpg





そんな風に色々と考えていたとき
タイミングよく
みんな大好きなstaubを取り扱っている
ツヴィリングJ.A.ヘンケルスジャパンから
進化した包丁が発売されるとの情報が!
そのプレス発表会にて
体験させていただくことができました。







e0136511_12024370.jpg




今、包丁の購入を考えている方
ちょっと待ってね!!
この進化した包丁を見てから決めたほうが
後悔しないですよ。

次からはその包丁”TWIN Fin Ⅱ”についてご紹介いたします。



e0136511_00173672.png








by chee-mama | 2018-06-30 09:25 | おきにいり | Trackback | Comments(0)
e0136511_19361640.jpg


一からスタイリングをする時だけでなく
カフェやレストランで撮影する際
意外と難しいな~と思うのが
カトラリーの位置です。

ある先生はスイーツなどを撮影する際
かならずフォークを一緒に撮影されるといわれています。
それは”いただきます”を表現されたいからだとか。

これは何度も書いている
道具の力を借りて動きやストーリーを作るということです

インスタグラムなどに投稿するために
カフェなどで撮影する時
一緒に運ばれているカトラリーについて
どうしようかな~とお考えになる事はあるでしょうか?

実は考えている方と
何も考えずに撮影しちゃっている方とでは
大きな違いがあるな~と思っています。

何が違う?
それは画像の中でのバランスのとり方です。
カトラリーってスイーツなどに対して長い事がおおいですよね。
これが撮影のアングルによっては
さらに長く見えてしまったり
大きくみえてしまったりして
バランスが悪いだけでなく
主役よりもめだってしまったりするんです。

せっかく動きやストーリーを
作り出しやすい道具なのに逆効果ではもったいない。

今後撮影する時
どこにおいたらいいかな~と
ちょっと考えながら撮影してみてください。

これからのヒントの中でも
私が注意していることを
お伝えしていけたらと思っています。




”スタイリングのヒント”については私が実際に経験して感じたことを記載しています。
いわゆる写真教本やお教室などで”良し”とされていることと違うこともあるかもしれません。
あくまで個人の感想や考えとしてご了承くださいね。



e0136511_00173672.png







by chee-mama | 2018-05-19 11:23 | フォトスタイリング | Trackback | Comments(0)
e0136511_15321071.jpg

毎月楽しみにしている
フランス生まれのサプライズボックス
”マイリトルボックス”の1月分に入っていた
ピンクのマグカップ♪

なんとも可愛いピンクが
春が近い事をお知らせしてくれました。

お散歩で立ち寄ったセブンイレブンで
なんと桜の枝が売られていて
思わずレジへ。
一枝でも春らしく
気分も上向きになるのが嬉しい。

季節を感じさせることのできるお花や色を
ひとつずつ重ねていくだけで
気分って変っていくんだな~と
体調が悪く
落ち込んでいたときだからこそ
感じることのできた嬉しいこと。

フワフワのミルクフォームを楽しみながら
春色のティータイムを過ごします。




e0136511_15321904.jpg



久しぶりの更新となってしまいました。
体調がずっとすぐれず
何もできない日々・・・
気持ちもすっかり落ち込んでしまいました。

愛犬とのお散歩のときだけは
気分も晴れて。
このまま愛犬とず~と歩き続けていたいな~なんて
思ったりして。

色々な方々のおかげもあって
やっと体調も上向きになり
こうしてブログも更新したいと思う気持ちも生まれました。

私のとって
ブログは分身みたいなもの。
だからとても大切なんです。
これからもコツコツと
美味しいものや素敵な物
慎ましやかでも
豊かな気持ちで生活するために実践していることなど
ご紹介していけたらと思います。

大好きな軽井沢の情報ももちろん♪

これからもどうぞよろしくお願いいたします!



e0136511_00173672.png




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。










by chee-mama | 2018-02-07 15:52 | フォトスタイリング | Trackback | Comments(2)
e0136511_14554177.jpg



関東地方も梅雨が明け
近所の公園では
セミの大合唱が始まっています。

やっと夏らしくなるでしょうか。
暑いのも苦手だけど
ジメッとした天候はもっと苦手なので
梅雨明けはうれしい。

地味にコツコツと家の中の整理をはじめていますが
整理に集中できるわけでないので
いつも中途半端で終わってしまいます。

物を減らせないのなら、増やさない。
でないと無尽蔵に物が増えていく。
とにかく、物が増えることは止めなくちゃ。
でも、何もかもだとストレスたまっちゃうから
食べてなくなるとか、すぐに消えてなくなる物とか
それは許すことにしています。
なので最近のスタイリングをしている写真は
食べ物ばっかりね(笑)


写真は紙や糸や布を
一度も切ったことのないはさみたち(笑)
たまには、食べ物以外も撮影したくなって
身近にあるものを集めてみました。
どれも大好きな色や形。
こういうコレクションは捨てられません♪

タッセルのついているのはフランスのsajouのもの。
あとは軽井沢ショッピングプラザのベターリビングや
自由が丘などのアンティークショップなどで
購入しました。

こういうものって
持っているというだけで嬉しいの。
その気持ち、わかってもらえるかしらね~

私に断捨離は無理なのかな~



軽井沢ショッピングプラザ ベターリビング
   http://www.karuizawa-psp.jp/page/shopguide/detail/?id=114

 本社は東京目黒区。
 軽井沢で代官山などで売られているような雑貨がある貴重なお店です。

 


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックしていだくと嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます















by chee-mama | 2016-07-28 15:21 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)


e0136511_00472860.jpg




軽井沢といったら
やっぱり旧軽井沢銀座ははずせません。
ただ、ブラブラとお散歩するだけもよし
カフェやレストランで
おなかを満たすのもよし。

シーズン中は
駅前のショッピングセンターの次に
人が集まる場所ですね。



e0136511_00472935.jpg





賑やかな場所も
ちょっとだけ奥の道に入るだけで
また違う雰囲気があり
様々な良さを楽しめるのも
軽井沢の魅力





e0136511_00472910.jpg





こちらは以前にもご紹介した
”アトリエサジロ”
    ストーリーを感じるお店~Atelier Sajilo~
    http://cheemama.exblog.jp/22410523/

ネパール・カレー料理
”サジロカフェフォレスト”の隣にあります。

   サジロカフェの今年の記事
   http://cheemama.exblog.jp/24360732/







e0136511_00472952.jpg





インスタグラムでも
kがつくほどのフォロワさんがいらっしゃる
人気抜群のオーナー
センスの良さはおりがみつき。

サジロカフェのオーナーの奥様であり
建築家でもいらっしゃいます。






e0136511_00473031.jpg





決して広くはないけど
コーナーごとに
お洋服だったり
キッチングッズだったりが
センスよく並びます。

”今年はちょっと品物が多いから
お店らしいでしょ”とニコッとされたkayoさま。





e0136511_00473092.jpg






この雰囲気
大好きなのですが
我が家のインテリアとは違うのですよ。
いまさら、全部取り替えるわけには
いきませんものね~

でもこちらから
小さなお皿一枚持ち帰るだけでも
この世界観を共有できている気がします。





e0136511_00473063.jpg




e0136511_00473094.jpg





歴史を感じるものや
誰かの温もりを感じ
ストーリーのあるもの
新しいもの、アンティークのものが
混在しながらも
シンプル、ナチュラルな
ラインを崩すことなく
日々に寄り添うものたち。





e0136511_00473142.jpg




窓の外には
隣のカレー屋さん

私の電動アシスト自転車までも(笑)
しっくり馴染む素敵空間




e0136511_00473181.jpg





旧軽銀座のお散歩の途中に
是非とも
オーナーさまの世界観に
身を委ねてみてください♪
きっと癒されると思います。




長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢859-1
TEL: 0267-42-5541
旧軽井沢のテニスコ-ト近く
諏訪神社に向かってユニオン教会のとなりです。



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックしていだくと嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます











by chee-mama | 2016-05-24 17:11 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)

DULTON自由が丘オープン♪

e0136511_07373684.jpg




雑貨の聖地 自由が丘
DULTON自由が丘店が4月にオープンしました。

なんと、1階から3階&屋上まで
一棟まるごとDULTONなんですよ~
ワンフロアではないなら
店内はエレベーターと階段で移動しなくては。
お友達が屋上までエレベーターで昇り
上部階から階段で降りてくる方法が楽よ~と
教えてくれました。

エレベーターは
1階左奥にありますよ。




e0136511_07373636.jpg




最近のお店は
スッキリモダン系の
ディスプレイが多いけど
こちらのお店は
どのフロアも
商品山盛り状態。





e0136511_07373679.jpg



最上階はキッチン用品と
気楽なカフェ

私にとってDULTONといえば
キッチン用品かな。
よく雑誌などでみかける定番モノや、
珍しいモノなどが
所狭しと並んでいますよ。




e0136511_07373763.jpg



2階におりるとインテリア雑貨系。
収納用品や飾るモノ
DIYにも便利なパーツなども
こちらにありました。



e0136511_07373755.jpg




e0136511_07494985.jpg



こちらのお店のディスプレイの
主役はなんと”本”

インテリアに興味をもたれ
家具や壁紙、カーテンなどを
間に合わせでなく
一つ一つ、真剣に考える方が増えてきた
今日この頃。

部屋に彩るモノとして
みじかにある”本”を使っても
いいのではないかと。

「本の新しい価値」
「本の可能性を追求」をテーマに
壁一面の本棚はもちろん
階段下スペース
重ねた椅子の上
ちょっとした隙間など
いままで本を置かなかったような場所にまで
”本”の居場所
”本”の役割を提案しています。



e0136511_07373789.jpg



e0136511_07373825.jpg



e0136511_07494970.jpg



1階に戻ると
今までの階よりも数段明るく感じられるのは
吹き抜けだからでしょうか?

大きなガラス窓から
光がいっぱい入ってきます。
訪れた日は
あいにくの雨模様でしたが
お天気の日は
1階に多く並ぶガラス製品やグリーンだちが
光をうけてキラキラ輝いているでしょう。



e0136511_07494959.jpg


e0136511_07494993.jpg


e0136511_07495099.jpg




宝探しをするように
お気に入りを探す楽しみ、
定番のお品を目指して
お買い物する気楽さ、
気負うことなく
いつも側に寄り添うモノを
見つけに訪れてみてくださいね。




e0136511_07495007.jpg




DULTON 自由が丘
http://www.dulton.co.jp/stores/jiyugaoka
〒152-0034
東京都目黒区緑が丘2-25-14
03-6421-4875
EVERY DAY 11:00~20:00

はらドーナツの先
ヤマダ電機の手前です。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックしていだくと嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。



by chee-mama | 2016-05-20 08:12 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
e0136511_11115868.jpg


ゴールデンウイークも終わり
久しぶりに小学校へ向う子供たちは
ウキウキと飛び跳ねるように歩いていました。
お休みも楽しいけど
早く学校に行って
お友達と勉強したい!遊びたいんだよ!
愛犬とのお散歩で毎日あう子供たちが
私に話してくれました。

そんな学校を楽しみにしている子供達を
一番近くで見守っている"物”といったら
ランドセルでしょうか。

私が通っていた小学校は
校章入りの紺色のランドセルと
決まっていたので
選ぶ楽しみはなかったのですが
その当時はランドセルといったら、
男の子は黒、女の子は赤と
決まっていた時代でした。






e0136511_11150654.jpg



軽井沢で注目の発地地区に
昨年夏に素敵なランドセル工房ができました。

ランドセルや革製品で有名な"土屋鞄製造所”の軽井沢工房です。


土屋鞄製造所創業50年を記念して作られた
素晴らしい工房は
小高い森の中、約11,500㎡という広大な敷地の中に
実際に職人さんがランドセルを作っているところを
見学することが出来る工房と(撮影不可でした)
ランドセルや大人向けの革製品が並ぶお店が併設されています。





e0136511_11124623.jpg




店内に入り
まず目に飛び込んでくるのがこの古いミシン。
50年前の創業時にランドセルを実際に製作していたミシンです。
黒く艶やかなミシンからは
たくさんのランドセルを生み出してきた
確かな誇りを感じます。








e0136511_11122880.jpg




さすがにランドセルの種類は豊富!
今はこんなに沢山の色があるのですね~

6年間ずっと愛される色を求めて
職人さんやデザイナーさんが
空や木などの自然からインスピレーションを受け
懐かしくも優しい、上品な色を
試作を重ね生み出した
味わい深い色のランドセルです。

もちろん素材もこだわり
デザインもシンプルながら
曲線を取り入れた優しいデザイン。
6年間、きれいな形を保つ工夫もされています。

実際に持たせていただきましたが
かなり軽く
低学年のお子様でも負担が少ないように
出来ているのですね!








e0136511_11130972.jpg


e0136511_11132962.jpg



こちらは創業50年を記念して誕生した
"軽井澤"ランドセル

美しいフォルム!
皮、装飾、使い心地など
土屋鞄の技と思いを結集して生み出された
究極のランドセルです。






e0136511_11135714.jpg



もちろん大人用の革製品も沢山取り扱っています。

皮は個体差がありますので
同じ形をしていても
全く同じ物はありえません。
実際に手にとり
ご自分の手にしっくり来る物を
軽井沢のゆったりと流れる時間の中で選べるとは
なんという贅沢なことでしょうか。






e0136511_11141434.jpg




来年度の新一年生用ランドセルの受付も
まもなく始まるようですね。

6月1日にカタログが配送
6月8日から店舗展示
7月1日より受付スタート

昨年の受注状況からですと
7月中旬には一部受付終了してしまうものもあり
9月下旬には全て完売となったようです。

土屋鞄でランドセルをと思われている方は
早め、早めの対応がよろしいですね。

詳細はHPをご覧ください。
 http://www.tsuchiya-kaban.jp/






e0136511_11155832.jpg



新緑の美しい軽井沢で
6年間の良きパートナーとなるランドセルを
ご家族とゆっくり選びにいらっしゃるのはいかがでしょうか。
素敵なランドセルにめぐりあえた喜びは
お子様も、ご家族の皆さまにも
ずっと心深く刻まれる
素敵な思い出となると思います。

6年間、お子さまの成長をそっと見守り続ける
素敵なランドセルにめぐりあえますように・・・・



土屋鞄製造所 軽井澤工房
http://www.tsuchiya-kaban.jp/
長野県北佐久郡軽井沢町発地200
電話0267-44-6081



軽井沢には”土屋さん”が沢山いらっしゃるので、
軽井沢に縁のある方なの方が社長さんなのかしら〜と
思っておりましたが、そうではないのだそうです。
よく、聞かれるとお店の方がおっしゃってました。


お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックしていだくと嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます










by chee-mama | 2016-05-09 23:57 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_16293376.jpg



ゴールデンウイーク初日
軽井沢は思ったより静かに始まったようです。


軽井沢シーズン突入に合わせて
色々、魅力的なお店がオープンしています。

今日ご紹介するのは
チャーチストリートに
4月22日にオープンした雑貨&カフェのお店

"koto no ito”




e0136511_16293375.jpg



”旅”という日常と違う時に出会う
コト・モノ・ヒト

旅先で出会ったものが
日常の生活に入り込み
そしてなくてはならないものに変わっていく・・・

その偶然を大切に・・・

いったんほどくことから始まる
人と物と事の結びつき
そんなきっかけを
軽井沢の旅で見つけてほしい
そんなコンセプトのお店でしょうか。






e0136511_16293484.jpg



"今”を感じる雑貨・本・古道具がセレクト
実は軽井沢ではありそうで数少ない感じのお店。

プロジュースは御代田町の人気店”pace around"の山岸氏
やっぱりね~の
とてもおしゃれなお店です!

御代田のお店はちょっと遠い~と思っていた私には
こちらにできて嬉しい!






e0136511_16293410.jpg



お店の奥にはカフェスペースもあります。
コンクリートの打ちっぱなしの壁と床
ナチュラルなテーブルと椅子
明るく、健康的な空間でした。
デッキテラスはワンちゃんもok!
今度cheeちゃんとサイクリングの途中によりたいわ♪


e0136511_16293406.jpg


チャーチストリートの一番奥になります。
お洒落で静かなカフェ
嬉しいな~♪
今日は、時間がなくチラットお寄りしただけでしたが
何度も通って
お気に入りを見つけたいお店の一つになりました。

素敵なものを見つけることで
今の生活を見直すきっかけになるかもしれません。
出会った物を素敵に飾るためには
あふれたものを片づけなくちゃ、とか。
そんな出会いを大切にしたいと思います。




e0136511_16293422.jpg





e0136511_16293433.jpg

koto no ito
長野県北佐久郡軽井沢町601-1
チャーチストリート軽井沢内
電話 0267-41-4112



お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックしていだくと嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます


by chee-mama | 2016-04-29 16:26 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)

フォトスタイリストとしての視点から、素敵な雑貨や美味しいものなど心に響いたものをご紹介しています。 写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama