令和の大掃除!

e0136511_16214944.jpg


令和になってからの大掃除。
かなり真剣に進めています。

まずとりかかったのは
保存食などの災害用品のチェックです。

保存食やお水、薬は消費期限が切れていないか。
マスクやラップ、電池など
必要なものがきちんと揃っているかどうか。

しっかりと揃えていたつもりでも
使えなかったものなどが出てきて
管理の甘さを痛感しています。

必要な時に必要な物が
誰がみてもわかるように。

あちらこちらに分散していた物を
一旦集合させて
どう配置したらベストかを
今一度考えながらやっています。

少し時間がかかるけど
ここでしっかりと決めておきたい。

そうこうしていたら
宮崎で大きな地震があったり
豪雨があったり。
いつ、何がおこるかわからない。

物だけでなく
気持ちも行動もしっかりと対処できるように
備えていきたいと思います。


写真は先日
代々木公園でのピクニック撮影♪
また、ご報告しますね。




e0136511_00173672.png























by chee-mama | 2019-05-14 16:33 | テーブルフォト | Trackback | Comments(0)
e0136511_19532903.jpg


令和という新しい時代を迎え
私を取り巻く環境の変化により
色々な事について
いままでとは違った付き合い方をしていかなければ
ならない時期に来ていると感じています。

そのひとつに
やっぱり家の中のもの
自分の持ち物については
しっかり管理できる状態にしておかねばと
痛感しています。

常に常に
片付け、片付けといってきたけれど
今回はかなり力を注いで
やっていくつもり。
あせらず、ゆっくりでも
きちんと、わかりやすく、使いやすく。


写真はイースターの時に
イースターっぽいものを撮影しようと思いうさぎちゃんを。
ちょうどお片づけの最中に
このお花をまとったちょっとオトナなうさぎちゃんを
屋根裏で見つけたから。


片付けをしていると色々な物が出てきて
結構楽しいのよね。








e0136511_00173672.png





















by chee-mama | 2019-05-02 23:55 | テーブルフォト | Trackback | Comments(0)

今日はミモザの日♪

e0136511_15203549.jpg



3月8日は国連が定めた"国際女性デー”

イタリアでは男性から女性に
ミモザを贈り感謝を伝える日だそうです。

日本では、お花屋さんが頑張って(笑)
ミモザの日ということが定着しつつありますね。

ちょっとバタバタしていて
なかなか撮影できなかったので
朝、ちょっとミモザっぽいカップで
お茶の時間を楽しみました。

カップの凹凸は
本当はおコメを表現しているそうですが。。。

ファッション雑誌を見ていると
今年は黄色が流行するとか。
見ているだけでも元気が出る色なので
大好きです!




e0136511_00173672.png













by chee-mama | 2019-03-08 15:09 | テーブルフォト | Trackback | Comments(0)
e0136511_15302515.jpg






今年の冬もインフルエンザが猛威をふるっていますが
そろそろ沈静化してきたでしょうか。

絶対にかかりたくない!との意志と共に
外出時のマスク
帰宅時の手洗い、消毒、うがいなど
できることはやっています。

今年はインフル対策についての
テレビ解説も多くて
紅茶や緑茶を少しずつ飲んでいる事が
良いらしい。

普段はコーヒー党の私ですが
この冬は紅茶を沢山飲んでいます。

色々なメーカーのものを試飲して
お気に入りも見つけました。
インフル対策のためだったけど
美味しい紅茶を見つけられて
ある意味、よかったわ(笑)






e0136511_00173672.png


















by chee-mama | 2019-02-19 19:07 | テーブルフォト | Trackback | Comments(0)
e0136511_11161893.jpg



だいぶ季節もすすんで
屋根裏部屋にも入れる温度になってきたので
お片づけも再開です。

一番どうしようかと悩んでいるのが
古い洋雑誌かな。
10年ほど前にスタイリングを学び始めてから
集めているもの。

写真やスタイリングには流行があるので
10年前の雑誌なんて捨てちゃいなさい!という
考えの方もいらっしゃるだろうけど
私はそうは思いません。

流行といっても繰り返されるし
写真やスタイリングの根底にあるものは
決して変るものはないのです。
ただ、ちょっと調味料的なものが違っているだけ。

だからこそ
今見返しても、美しいと思う物は沢山あるし
改めて勉強になるな~と気づかされています。

”こんまり”さんのお片づけでは
紙は全捨てなんですが・・・
なかなかそうはいかないものですね(笑)
なのでどうしようか悩みながら、
他の部分の整理を頑張っていくことにします。

みなさんは、何が整理がつかないものでしょうか。
人それぞれ、思い入れの物が違うと思うのですが
その気持ちは大切にしていただきたいな~と思います。

e0136511_00173672.png


















by chee-mama | 2018-11-06 11:30 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
e0136511_10021375.jpg




6月ごろになると
色々なメディアで軽井沢の特集が組まれます。

今年の雑誌にフル掲載されたのではないかと思うほど
注目を浴びているのが
軽井沢のお隣、御代田町にある
オープン5年めの

Pace AROUND (ペースアラウンド)


私のブログは基本的に
軽井沢駅から徒歩、自転車で訪れる事ができる場所を
ご紹介していこうと思っているので
趣旨からはちょっとはずれちゃうんですが
それでもここは是非に!と思う
素敵なお店なんです。





e0136511_10012589.jpg



この青い扉の向こうから
このお店の物語が始まる・・・

雑誌"Pen”でのオーナーさまへのインタビュー記事を抜粋させていただくと
”モノはもういらない。むしろ減らしているのよ。”と言われたお客様の言葉から
モノを売る場所から、時を過ごす場所へ変化をされていったそう。





e0136511_13530804.jpg



お店は印刷工場だったという約100坪の広いスペース

そこにはお部屋をイメージしながら
商品をレイアウトしたコーナーがあったり
テーブルコーディネートが美しいコーナーがあったり
新しい物や時代を旅している物がセンスよく並びます。

お店の中をゆっくりと歩き回りながら
お気に入りを見つける
まさに”ペースアラウンド”の名前のとおり
時を過ごすことを楽しめる場所。







e0136511_13535562.jpg
e0136511_13550379.jpg
e0136511_13552100.jpg



お店の中を周っていると
モノのほう方"私はここにいるよ”と語りかけてきます。
私のも、素敵な物にめぐり合いました。

こういう場所でじっくりと
モノと向き合っていると
決して断捨離の対象にはならないようなモノの
セレクトができると思います。




e0136511_13553409.jpg
e0136511_13555143.jpg
e0136511_13561384.jpg




お気に入りを手にいれたら
どこに飾ろうか。
食器には何を盛り付けようか。
この本はどんなストーリーが隠されているのかしら?

手にした瞬間から
私達は次のストーリーの主役になるのですね。
大切にしなくちゃ。






e0136511_13571097.jpg
e0136511_13572833.jpg
e0136511_13574340.jpg



お店に何度も伺おうと思っていても
最後に曲がる場所が
てっきりゴルフ場の入り口だと勘違いして
お店までたどり着く事ができなかったという私。

どうしても車でないといけない場所ではありますが
是非、訪れてみてくださいね。


ペースアラウンド
長野県北佐久郡御代田町塩野400-158
0267-32-7007






e0136511_13575874.jpg




みなさまも軽井沢で素敵な時間をおすごしください。




e0136511_00173672.png











by chee-mama | 2018-08-05 18:12 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)

e0136511_11571571.jpg



みんな大好きSTAUBを取り扱っている
ツヴィリングJ.A.ヘンケルスジャパン株式会社
9月に発売予定の進化したナイフ
"TWIN Fin Ⅱ"のプレス発表会のレポの続きです。


”ナイフは料理人の大切な手である。”と話されたのは
外苑前の「リストランテ アクアパッツァ」
イタリアンの巨匠 日高良実シェフ

料理を始めた40年位前に揃えられたという
大切なツヴィリング製のナイフを見せてくださいました。

良いものは丁寧にメンテナンスをすれば
長く使えるもの。
何度も研ぎ直されてブレードがこんなに変ってしまっても
手になじんだナイフは
手放す事ができない、まさにシェフの"手”なのでしょう。


長年ツヴィリングのナイフを使用されている日高シェフによる
新作の"TWIN Fin Ⅱ"を使っての
デモンストレーションが行われました。




e0136511_11595882.jpg




まずはトマト。
周りが硬く、中がとてもやわらかい物の代表として
ナイフのデモンストレーションでは
よく使われる食材ですね。

見ていてびっくりしたのは
ナイフをトマトに当てただけなのに
す~と刃が入っていくよう。
力を入れることなく
スパッと切れるといことは
食材を痛めなくて
滑らかな口当たりに仕上がるということですね!





e0136511_11574028.jpg

e0136511_11581642.jpg







"TWIN Fin Ⅱ"のラインナップは6種類
素材にあったナイフで切れ味を見せてくださいます。

シェフナイフ(刃渡り20センチ)では大きな鰆をカットして
カルパッチョを。






e0136511_11584169.jpg
e0136511_11585848.jpg




マルチパーパスナイフ(刃渡り16.5センチ)では
玉ねぎや大根をカットしてサラダを。




e0136511_12021140.jpg



あまりの切れ味の良さにびっくりされたのか
予定にない玉ねぎのみじん切りも
やってみましょう~と
披露してくださいましたよ。




e0136511_11591349.jpg





シェフが使うから切れ味よくみえるんじゃない?
そんな意地悪な事言う人、いるかもしれませんよね。
この体験型プレス発表会では
参加したすべての人が
実際にナイフの切れ味を確かめることができたのです!





e0136511_12533250.jpg
e0136511_12534277.jpg

e0136511_12565004.jpg







みてみて!
このトマトの薄さ!!!

本当に軽く動かすだけなのに
す~~と驚くほどの切れ味!!!

お料理を普段なさらないようなメディアの方も
毎日お料理されている専門家の方も
すべての方が驚く、この切れ味で
会場内からは歓声が沸き起こりました。






e0136511_12001827.jpg






すごい、すごいと言いながら
プチトマトの皮もスルスルと。




e0136511_12011286.jpg


e0136511_13183385.jpg





バゲットとだって
軽る~くこの薄さに切れちゃいます。




e0136511_12563222.jpg





あまりの切れ味にお怪我される方が出たら大変と
ツヴィリングドクターとナース(モデルさんです)も待機!
この演出はさすがとしかいえません。





e0136511_13224613.jpg





切れ味は刃の問題だけではなく
手になじむ感触が大事だと
実際に持って、カットすることで
実感いたしました。

前回の記事でお伝えした
イベントの最初に行われた三つのナイフのブラインドテストの結果も
50パーセントの人が"TWIN Fin Ⅱ"を
持ちやすいと答えたそうです。







e0136511_11555486.jpg





"TWIN Fin Ⅱ"の切れ味と同じように
滑らかな日本語を話される
代表のアンドリュー氏

"最高の物を持つ喜び”というカンパニースローガン

人気におぼれることなく
常に進化を続けていくことで
最高の物を消費者に届けてくださる努力をされている会社。
だからこそ、人気は継続し続け
そしてファンが増えていくのでしょう。
それが伝わってきた
すばらしいプレス発表会でした。





e0136511_13094099.jpg




食洗機も対応できるという嬉しい情報もあり
9月の発売が待ちきれない私は
どのサイズを購入しようかと検討中です。

皆さんも是非
9月の発売の際にはこの切れ味を体験してくださいね!





e0136511_00173672.png















by chee-mama | 2018-07-07 13:38 | おきにいり | Trackback | Comments(0)

e0136511_18020703.jpg




みんな大好きSTAUBを取り扱っている
ツヴィリングJ.A.ヘンケルスジャパン株式会社

ツヴィリング史上、売上数最多という
伝説のオールステンレスナイフ "TWIN Fin"

オールステンレス一体型の
機能と美しさを兼ね備えたナイフの使い心地のよさは
多くのファンがいることから立証済みですが
さすがツヴィリング社。
それに溺れることなく
最新テクノロジーと素材研究に
なんと14年の歳月を費やし
その成果として
前回を上回るすばらしいナイフが誕生したのです。

その名は"TWIN Fin Ⅱ"



e0136511_18013096.jpg



今年の9月に発売予定。
その前のプレス発表会に伺うことができましたので
すばらしいナイフを皆さまにも
発売前に知っていただけたらと思います♪

今、ナイフを買おうと思っているあなた!
どうぞ9月まで
お待ちくださいね!






e0136511_18033859.jpg

e0136511_18445212.jpg




今回のプレス発表会は
参加体験型の楽しい会でした。

まず入り口ではこんなこと。

三つの穴に手を通すと
そこにはそれぞれナイフがセッティングされています。
実際にナイフを握って下ろしてみます。
ナイフ自体は見えないようになっているので
どこのメーカーのナイフかはわかりませんが
一番握り心地がよく
振り下ろしやすいのはどれかを選ぶというものでした。




e0136511_18030576.jpg

e0136511_18024065.jpg

e0136511_18025248.jpg




3つの中のひとつは
普段、私が使っているメーカーのものだと
すぐにわかりました。
ちょっと持ち手に特徴があるからです。
比べてみると他のものよりも重いな~とも感じました。
ナイフはある程度重さもあっていいと思っていましたが
それも作業効率がアップされるような
バランスがあってこそ。
ナイフなんて形も似ているし
それほど違いはないと思っていましたが
とんでもない!
握り心地も振り下ろした感じも
メーカーによって全く違うものだと
比べてみて改めて感じました。





e0136511_18520192.jpg




e0136511_19005666.jpg






会場となったのは外苑前の"リストランテ アクアパッツア”

有名雑誌社の方や
著名なインスタグラマーの方々が集まる中
世界で始めてこの会場で
美しいフォルム、そして切れ味最高という
進化したオールステンレスナイフが姿を現し
切れ味をこの目で見ることができるのです。
そのデモンストレーションは
アクアパッツアの日高シェフによるものでした。


次ではそのデモンストレーションを。
切れ味のすばらしさをご覧いだきますね!





e0136511_18044939.jpg



笑顔の素敵なツヴィリングの社長さん♪
以前、STAUBのファンイベントでもご一緒させていただきました。




by chee-mama | 2018-07-02 19:21 | おでかけ | Trackback | Comments(0)



e0136511_12001827.jpg



美味しい~と思う瞬間は
至福の時

しかも自分で作ったものが
うまくいったら
プロのお料理をいただのよりも
何倍も嬉しい♪

どなたかに作っていただくのは
幸せな事。
でも作る過程の楽しさも
出来上がった達成感も
美味しさにプラスされるから
自分で作ることはもっと幸せ。


逆に
うまくいかないこともある。
プロはお金を頂くわけだから
うまくいかないは許されないだろう。
だから素材を選びぬき
技術を磨いていく。
どのお店もそうであってほしい。





e0136511_12021140.jpg




素人でも今は素材はかなり厳選できる。
技術もそれなりに習得もできる。
毎日ご飯を作っていれば
包丁さばきもうまくなる・・・はず。

ん?
千切りだって、みじん切りだって
もう何千回ってやっている。
でも、え??って思うときがある。

その原因はなにか。
切れない包丁つかってない?

包丁の切れ味が良いと
気持ちが高ぶる。
トントンという音も心地よい。
断面が美しいと
お料理の味も違ってくる。
わかっているけど
包丁のメンテナンス
ちゃんとしなくちゃな~って思う。
きちんと管理していないからいけないのよね。

包丁も適当に選んでない?
お洋服を選ぶとき
色や形、サイズを考えますよね。
同じように
包丁だって使い方や
素材に適した物を選ぶと作りやすくなる。
手の大きさに合わせて
包丁も選んだほうがいいはずだよな~




e0136511_12011286.jpg





そんな風に色々と考えていたとき
タイミングよく
みんな大好きなstaubを取り扱っている
ツヴィリングJ.A.ヘンケルスジャパンから
進化した包丁が発売されるとの情報が!
そのプレス発表会にて
体験させていただくことができました。







e0136511_12024370.jpg




今、包丁の購入を考えている方
ちょっと待ってね!!
この進化した包丁を見てから決めたほうが
後悔しないですよ。

次からはその包丁”TWIN Fin Ⅱ”についてご紹介いたします。



e0136511_00173672.png








by chee-mama | 2018-06-30 09:25 | おきにいり | Trackback | Comments(0)
e0136511_19361640.jpg


一からスタイリングをする時だけでなく
カフェやレストランで撮影する際
意外と難しいな~と思うのが
カトラリーの位置です。

ある先生はスイーツなどを撮影する際
かならずフォークを一緒に撮影されるといわれています。
それは”いただきます”を表現されたいからだとか。

これは何度も書いている
道具の力を借りて動きやストーリーを作るということです

インスタグラムなどに投稿するために
カフェなどで撮影する時
一緒に運ばれているカトラリーについて
どうしようかな~とお考えになる事はあるでしょうか?

実は考えている方と
何も考えずに撮影しちゃっている方とでは
大きな違いがあるな~と思っています。

何が違う?
それは画像の中でのバランスのとり方です。
カトラリーってスイーツなどに対して長い事がおおいですよね。
これが撮影のアングルによっては
さらに長く見えてしまったり
大きくみえてしまったりして
バランスが悪いだけでなく
主役よりもめだってしまったりするんです。

せっかく動きやストーリーを
作り出しやすい道具なのに逆効果ではもったいない。

今後撮影する時
どこにおいたらいいかな~と
ちょっと考えながら撮影してみてください。

これからのヒントの中でも
私が注意していることを
お伝えしていけたらと思っています。




”スタイリングのヒント”については私が実際に経験して感じたことを記載しています。
いわゆる写真教本やお教室などで”良し”とされていることと違うこともあるかもしれません。
あくまで個人の感想や考えとしてご了承くださいね。



e0136511_00173672.png







by chee-mama | 2018-05-19 11:23 | テーブルフォト | Trackback | Comments(0)

写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama