タグ:軽井沢 ( 466 ) タグの人気記事

e0136511_17272419.jpg



美食リゾート軽井沢主催 「信州育ち」という
生産者もお料理の作り手であるシェフも
すべてが信州育ちという
美味しくって、人情たっぷりで
楽しい会に参加させていただきました!


テーブルには
小諸の松澤農園さんのプラムと青りんごなどが
可愛く飾られていて
すでにこの段階からワクワク!!
テーブル装飾って
やっぱり大事ですね!
だって、ここにバラとか飾れていたら
それはそれで素敵だけれど
やっぱり今日のテーマとは違うかな?って
思ってしまいますもの。





e0136511_17291631.jpg




会場となったのは
レストラン"メリメロ”
以前は中軽井沢で営業されていましたが
その後、塩沢の交差点近くにお引越し。
隠れ家的レストランで人気のお店です。

メリメロの篠原シェフのお料理の腕とお人柄の良さから
生産者さんからの人望も厚く
今回、お写真のとおり沢山の協賛があったようです。

生産者さんも
手塩にかけてきた素材を
どんな風にお料理してくださるか
楽しみだったのではないでしょうか。

シェフと生産者さんとの
まさに真剣勝負!!





e0136511_17302856.jpg




今回はお料理だけでなく
お料理にあった飲み物も選んでくださるという。
もちろん、そちらも信州産。

私は残念ながらアルコールが身体にあわないため
ソフトドリンクでのペアリングを楽しませていただきました。

ミントティーから始まり
ルイボスティー
紅玉のスパークリング
巨峰のヌーボージュース
かぼちゃのSURARA(かぼちゃのお酢のジュース)
黄金桃と白桃のジュース






e0136511_10563038.jpg




アルコールは
シードル (アルカンヴィーニュ)
烈火 (芙蓉酒造)
金宝芙蓉 Mikumari (芙蓉酒造)
メルロー・カベルネ (高山ワイナリー)
梅酒 (芙蓉酒造)
黄金桃と白桃のカクテル








e0136511_17294930.jpg

e0136511_20105424.jpg






まずはアニューズ
★トマトのファルシ 生ハム・プラム・FUSE


トマト、生ハム、モッツァレラチーズ。
よくある王道の組み合わせだけど
篠原シェフにかかると、この組み合わせが普通ではなくなる!
信州の物で組み合わせることが
こんなにも相性があうんだな~と
はじめの一皿目で印象付けられた気がします。

布施温泉のお湯で丸められたモッツァレラチーズは
佐久にあるボスケソさんのチーズ。

標高1500mの姫木平の大自然の中で作られる
メゾン・デュ・シャンボン・ド・ヒメキの生ハムも絶品。








e0136511_17300617.jpg





冷製オードブル
★古代黒曜チョウザメのマリネ 焼き茄子・エストラゴン


長野県小県郡長和町のきれいな湧き水で養殖されている
”チョウザメ”
いままで頂いた記憶がないので初めてだったかもしれません。
とても淡白で食べやすい白身のお魚でした。

キャビアが取れるまでは7年かかるそう。
近年中にこの長和町のキャビアが発売されるかもしれませんね。
楽しみにしたいと思います!

付け合せのお野菜は
軽井沢近郊だけでなく全国のレストランに大人気の
"軽井沢サラダふぁーむ”さんのもの。
この小さくて丸みをおびたきゅうりは
この夏、ひっぱりだこだったそうですよ。

盛り付けのアクセントになるだけでなく
食感がよいので
お料理にリズムが生まれて楽しかったです♪





e0136511_17310598.jpg

e0136511_17311973.jpg




温製オードブル
★中ヨークシャ種 豚肉のコンフィ
 たもぎ茸・ズッキーニ・生ハム原木骨の出汁


中ヨークシャ種の豚はとても貴重な豚。
生産性があまりよくないため(成長が遅く、大きくならないため)
生産者も少ない。
そんな、貴重な豚肉はさっぱりとした繊細なお味。
標高1600mの菅平のダボス牧場からこの日のために
用意してくださいました。

めったに口にすることが出来ないお肉を
いただくことができた私は
本当にラッキー!!

それを篠原シェフはコンフィーにされ
さらにズッキーニに包み
きのこをのせ、生ハム原木骨の出汁をかけて・・・
単純なお料理ではなく
ひと手間も、ふた手間もかけられるのが篠原シェフです。

いただく直前に
こうしてお出汁をかけてくださるのって
嬉しいですよね。
出汁がかかった瞬間
ふわ~ときのこの香りと出汁の香りが広がって
お料理への期待もさらに膨らみます。
温かいものを召し上がってくださいね!というお気持ちが
しっかりと伝わってくるのも
素敵な演出ですね。



まだオードブルまでしかお伝えしていないですね・・・
続きは後ほど・・・


さて、イベントが開催されたレストラン”メリメロ”
移転されて場所に迷われる方もいらっしゃるかも。
地図を添付しておきますね。





e0136511_12052265.jpg




ツルヤスーパーからだと塩沢交差点をすぎて
次の角を左に入ったすぐです。
現在は軽井沢バイパス沿いはテニスコート(閉鎖中)になっているところを
左に入ります。
バイパス沿いから白くて可愛い建物が見えるので
すぐにわかりますよ。

週末限定モーニングもあるし
10月からは平日限定メニューも
かなりのサービス価格で提供があるみたいです。
ワンちゃんokのテラス席もありますよ!

美味しい篠原シェフのお料理を
堪能してくださいね!







e0136511_12171137.jpg


レストラン メリメロ (Meli - Melo)
長野県北佐久郡軽井沢町長倉747-12
0267-41-0345
http://meli-melo.p1.bindsite.jp/




みなさまも軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。



e0136511_00173672.png
















by chee-mama | 2018-09-22 12:19 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)

e0136511_22351544.jpg




バタバタしていても朝食はしっかり食べるタイプです。

この日はツルヤスーパーで買ったプルーンに
沢村のパン。
すっきりとした物を飲みたくて
セレクトしたのは
ハルニレテラス内にあるサジロカフェリンデンの
レモングラスとジンジャーのハーブティー♪


軽井沢の食材、最強。
本当はスーパーでなくて
地元の果樹園や農家で買えれば一番よいけど
なかなかそんな事は叶わない。
ツルヤスーパーは本当に色々な物が揃っていて
都会と遜色ない食生活が保障される。
海は近くにないのに
かなりの種類のお魚だって売っているし
お肉も宮崎牛も鹿児島の黒豚など
ブランド肉もあったりする。
調味料もお土産も何でも揃う最強のスーパーマーケット。
ある有名料理研究家も
このツルヤスーパーがあるから
東京から信州に越してきても
なにも心配ないとおっしゃっていたもの。


パン屋さんも何軒もあって
その日の気分でハード系ならここ
フワフワパンはあそこ・・・と
色々と選べるのも嬉しい。
昔、宣教師が軽井沢で避暑だったり布教活動をしていくうえで
自国と同じものを食べたいとパンの製法を伝えたとされる。
また別荘の方が東京での暮らしと同じパンが食べたいとの要望から
有名店が出店を始めたり・・・
軽井沢のパンの歴史は
軽井沢の外からいらした方からの
強い要望からはじまったともいえますね。


私の一日のスタートに
なくてはならない軽井沢の食材たち。
その食材探しに
スーパーやパン屋さんに行くのが
楽しみでしかたがない。


みなさんも軽井沢で
素敵な時間をおすごしくださいね。





e0136511_00173672.png








by chee-mama | 2018-09-20 20:21 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_21490255.jpg




先日ハルニレテラスまでサイクリングをして
自転車を止めちょっと休憩。

お決まりのように丸山珈琲で
大好きなハルニレブレンドを買って
サービスしてくださるカプチーノを頂く。
サービスといっても
ちゃんとラテアート入りで
丁寧に淹れてくださるのが嬉しい。

他のお店もチェックして
帰ろうと自転車に戻ってみると
主人の自転車に、あら、どなたかが乗っている。

主人の自転車と私の自転車を比べれば
そりゃあ誰がみても主人の自転車の方が
かっこ良い。
隣にあるママチャリ仕様の私の自転車には見向きもせず
主人の自転車を選ぶのは
まあ、当然といえば当然だけど。

何をしているかといえば
ピースサインをして
記念撮影をしているわけ。

私の自転車よ、と伝えると
"sorry~♪”といって
去っていく。
きっと今頃その写真は
インスタグラムにでも投稿されて
世界中に公開されているかもしれない。

最近の軽井沢は
近隣アジアの国の観光客の方々が
とても多い。
多くの方はとても礼儀正しいのですけれどね。
ちょっとびっくりした出来事。


いや、ちょっとまってね。
最近のインスタグラムを見ていると
住宅地で他人の家の壁の前とか
自分のではない高級車の前でとかで
ポーズをとって撮影した写真をよく見かける。
許可をとっているのなら良いけど
きっと無断でだよね~と思う。
これって、主人の自転車にまたがって
ピースサインをしているのと
同じじゃあないのかな。

素敵な壁や背景を教えてくれる
アプリもあるくらいだから
みんな素敵な背景で写真を撮りたいのは
すごくよくわかる。
自然の景色とか
商況施設とか
記念撮影スポットとか
そういう場所ならよいけどね。
やはりマナーは大切よ。

写真って、
その人の品格も映しだされると思う。
大人として
やっぱり守るべきもの。
改めて感じたことでありました。




e0136511_00173672.png













by chee-mama | 2018-09-14 22:04 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_11420372.jpg




軽井沢のランチというと
パスタ、パンとかピザとかのカフェ飯的なものか
信州だからとお蕎麦をイメージされることが
多いと思います。

実際のところ
カフェやパン屋さんは数え切れないし
お蕎麦屋さんも同じです。
せっかく軽井沢に来たのだから
軽井沢らしく
軽井沢でなければ食べられないような物を
楽しく美味しく召し上がっていただきたいと思います。






e0136511_11422253.jpg




観光シーズンとなると
ランチ難民になることも多くて
1時間待ちなんていうこともよくあるお話。

どこか穴場はありませんか?とご質問をうけて
ホテルの中華はわりと入れるかもしれないな~と思いました。

ホテルのランチというと
ちょっとかしこまったイメージがしますが
中国料理店では
コースで注文しなくても
冷やし中華とか単品でもよいので
意外と気楽に入れますよ。




e0136511_12592814.jpg






万平ホテル内の中国料理店"萬山楼”は
もちろん格式あるコース料理も
あるすばらしいレストランではありますが
近くのテニスコートでテニスを楽しまれた別荘の方々が
ちょっと中華そば食べてかえりましょうか~的に
気楽に楽しまれているお店でもあります。






e0136511_11423622.jpg
e0136511_11424885.jpg




今回私は
坦々麺と迷いましたが
飲茶セットをいただく事にしました。


前菜は鶏肉をわさび漬けとあえたものとお野菜。
わさび漬けがとてもインパクトありました。
フカヒレスープもかぼちゃのスープがベース。






e0136511_11431002.jpg
e0136511_11432610.jpg
e0136511_12342948.jpg







春巻きや牛肉と野菜の炒め物
海老と卵の炒め物
シュウマイ、餃子・・・
おなじみの飲茶のライナップです。
奇をてらっていないので
安心感もあり
お若い方もお年を召したかたも
頂きやすいメニューとなっています。
少しずつだから
お酒を召し上がる方にも
ぴったりかもしれませんね。






e0136511_11475411.jpg




萬山楼は万平ホテルの中庭に面しています。
万平ホテル"アルプス館”は
このたび国の有形登録文化財に登録される見込みとなりました。
正面玄関側からでなく
中庭側から建物を見られるのもこちらのお店にいくメリット。

ゆったりとした時間をすごしながらのランチは
さすが老舗ホテルならでは。
お勧めです!





e0136511_12393146.jpg




みなさまも軽井沢で素敵な時間をおすごしください。




e0136511_00173672.png








by chee-mama | 2018-09-05 12:42 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_19150563.jpg


軽井沢には、
人気のパン屋さんが沢山あって
パンをお土産に買われる方も
多いと思うのですが
やっぱりパンも
焼きたてが美味しいから
お家に持って帰るとなると
お味の低下や
賞味期限が短いので
なかなか難しいなあ〜と思います。

お土産としておすすめとなると
焼き菓子がやはり無難でしょうか。
パウンドケーキなどは
時間の経過によって美味しさも
熟成されるので
お土産にはぴったりですね。


e0136511_19153653.jpg


私は、サワムラ好きなので
こちらのパイ皮でできたクッキーのパルミエや
パウンドケーキを良く買います。
パウンドケーキは
真空パック包装+箱入りされているので
持ち帰りも安心。

とてもしっとりとして
食べやすく美味しい!
お味の種類は色々ありますが
私は写真の"杏とジャスミン"のものが
特におすすめです。



e0136511_19152018.jpg


季節が変わって涼しくなると
さらに焼き菓子が美味しく感じます。
コーヒーをいれて
ちょとブレイクしませんか?



皆さまも軽井沢で素敵な時間をお過ごしくださいね。

e0136511_00173672.png






by chee-mama | 2018-09-03 10:25 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_18574890.jpg





8月14日の軽井沢レイクガーデンの様子の続きです。

お天気がよく気温も上がってきたので
途中でカフェに戻って一休み。


カフェでお隣の方が召し上がっていた
ソフトクリームのサンデー(ブルーベリー)が
とても美味しそうなので私も頂きました。
あまりの暑さにソフトクリームは
カメラを向ける前から溶ける、溶ける。
美味しかったのだけど
ちょっと悲惨な画像になってしまったので
ココに掲載するのはやめておきます(笑)






e0136511_18581273.jpg




風が抜けるテラスは
少し暑かったけど気持ちよかったな~
お部屋の中からはガーデンの様子はみえないから
ちょうどイングリッシュローズガーデンの前になる
テラスの方がお勧めです。


そうそう、
ガーデン内は飲食禁止ですが
熱中症予防のために
ペットボトルなど水分補給のための持ち込みはOK。
入り口でスタッフの方が
おひとり、おひとり水分をとりながらお楽しみくださいね~と
お声かけされていました。

園内には自動販売機もありませんので
ガーデン入口の販売機や
事前にどちらかでお求めになられてから
いらしてくださいね。


水分補給をして
再びガーデン内に戻ります。

水辺のリゾートということなので
お花のアップよりも
湖を入れ込んだ写真を撮っていきたい。





e0136511_11290854.jpg


e0136511_11292663.jpg


e0136511_11301911.jpg



睡蓮の小さな池もありますよ。




e0136511_18554798.jpg

e0136511_18561943.jpg

e0136511_18563697.jpg


e0136511_18571197.jpg


e0136511_18565585.jpg



残念ながら満席で入れなかったブレッスリーナカガワのテラス




e0136511_18573320.jpg





この日のガーデン入口の噴水は
すっきりとした感じでした。





e0136511_11541161.jpg


e0136511_18594531.jpg





前日にチラッと立ち寄ったときはこんな感じ。
バラなどが浮かべられている事が多いので
14日のように観光シーズンなのに
すっきりとした時のほうが珍しいかな。





e0136511_12034254.jpg



e0136511_12060678.jpg



e0136511_12062160.jpg





時間がなく
ガーデンの中に入らない場合でも
ここだけはしっかりチェックする場所。
外側のブティックの並びから見ることができるガーデン。
ここからの景色が
ガーデンを象徴する姿かもしれません。



e0136511_18591686.jpg

e0136511_18593155.jpg




コスモスも咲き始め
軽井沢の季節は着実にすすんでいます。


皆さまも軽井沢で素敵な時間をお過ごしくださいね。


e0136511_00173672.png


















by chee-mama | 2018-08-26 12:16 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_15134592.jpg




8月14日のお盆休み
朝起きたらとても良いお天気。
でも町中は大混雑になるだろうからと
中心部とは反対側になる南軽井沢の
軽井沢レイクガーデンに行く事にしました。

軽井沢レイクガーデンは
6月中旬からのバラのシーズンがとても有名ですが
今は夏のローズシーズンとして
まだまだ沢山のバラが私達を楽しませてくれますよ♪






e0136511_14384894.jpg



まだオープン前に到着したので
門が閉まってる(笑)

こちらはレストランやカフェの入口になり
ガーデンの入り口は右側に回ります。

入口をから私はいつも時計回りに一周します。
もう美しくて言葉はいりません。
つたない写真ですが
庭園をご一緒にいかがですか♪




e0136511_14390353.jpg



e0136511_14354655.jpg


e0136511_14394635.jpg



e0136511_14395894.jpg


e0136511_14401528.jpg


e0136511_14402625.jpg


e0136511_14403824.jpg


e0136511_14405631.jpg


e0136511_14412394.jpg

e0136511_14413541.jpg


e0136511_14415015.jpg


e0136511_14420690.jpg


e0136511_14422269.jpg



まだまだ続きます。

みなさまも軽井沢で素敵な時間をお過ごしくださいね。



e0136511_00173672.png















by chee-mama | 2018-08-23 11:29 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_12032399.jpg





中軽井沢の夏の風物詩のひとつ
高原教会のサマーキャンドルナイト!!

156平方キロメートルの町の面積の6割が森林と原野。
町の人口は2万人
そんな町に年間800万人の観光客の方がいらっしゃいます。

当然のことながら
春から夏に観光客の方々は集中し
しかも人気のスポットには必ずや足を運ばれる。
なので今までは大丈夫だったことでも支障が生まれることもあり
中止になったり
制約がかけられたりと
前のほうが良かったに・・・と思うことも
いっぱいあります。
それでも多くの方が
良い思い出を作られ
気持ちよく楽しい時間をお過ごしになられるよう
みなさんで協力しあっていけたらと願っております。







e0136511_12200723.jpg





こちらの高原教会のキャンドルナイトにも
沢山のお客様がお見えになり
暗く足元が悪いなか
人がひしめき合っている状態です。

結婚式の支障が生まれるために
ずっと開催されていたあるイベントが
最近行われなくなったこともあり。
夜には結婚式もないから
きっと継続してくださると思うけれど
これからもずっとこのイベントが続きますように
どうぞ皆様色々ご配慮くださって
見学していただきたいと思います。







e0136511_12213070.jpg






夕方からひとつひとつ
ランタンの火を灯してくださいます。
毎日のこと、どれだけの労力がかかっているか。
そのお力があるゆえ
坂を上った先に見えた瞬間の別世界
誰もがわ~~~~と声が上がる世界
プロジェクションマッピングも素敵だけど
もっと温かい
もっと人間味を感じる
すばらしい世界を作り出してくださっているのです。
もう、感謝しかありません。







e0136511_12235566.jpg

e0136511_12264211.jpg




頭の上も足元にも・・・
とにかく無数のランタンの光が
とても温かいのです。






e0136511_12314011.jpg
e0136511_12341042.jpg
e0136511_12344468.jpg





今年のテーマは"伝える”
信州に古くから伝わる伝統工芸品などの素材とキャンドルとのコラボレーション。
信州飯山の手すき和紙"内山紙”を使った和紙のランタンと屏風が登場。
軽井沢に生息する鳥や動物、草花、風景が描かれています。
紙すきは飯山市の平田真澄さま、デザインはグラフィックデザイナーのAkiko da Silvaさまによるもの。
描かれた絵はとても可愛くやさしい。
そして和紙を透した光がさらに温かみをプラスしてくれています。

若い方にも古くから伝わる工芸品を
観て感じていただいて
素晴らしさが"伝わった”ことでしょう。
なかなか素敵なコラボレーションだったと思います。







e0136511_12455986.jpg






教会前も記念撮影の方の列が切れることがなく
教会も閉まる時間になってしまいました。
キャンドルを手持ちで撮影するには
ちょっと暗すぎの時間でした。

写真撮影よりも
心にこの美しさを刻み込んで。
また、訪れるのを
楽しみにしたいと思います。


ランタンキャンドルのイベントは
8月31日まで
雨天でも開催されています。


ホテルブレストンコート前にあった自転車置き場がなくなり
ハルニレテラスからあがってくる坂の下が
自転車置き場になりました。
キャンドルナイト開催中の混雑時には
見学者の車はホテル前の駐車場には入れず
特設の駐車場となります。
その時の状態によりますので
係りの方の誘導に従ってくださいね。





皆さまも軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。




e0136511_00173672.png














by chee-mama | 2018-08-18 12:58 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)

e0136511_17060221.jpg





軽井沢の朝は10年前に比べると
だいぶ早くなってきて
朝食をメインになさるお店も増えてきました。

その先駆けともいえるお店
"カフェ・ル・プティ・二 3”

通常は8時からオープンなのを
夏休み期間中の8月29日までは7時からとなっていますよ。

お店の前には
オープン前にお越しいただいた方はこちらにお名前を~と
ノートが置いてありましたので
どうやら7時前からお客様がいらしてお待ちになっているようです。
皆さん、早起き!!


可愛い外見のお店。
なんとなく鳥の巣箱のように見えます。
お店の名前はフランス語で"可愛い鳥の巣"という意味。
だからかしら・・・なんて勝手に思っています。

カフェ・ル・プティ・二のあとの3は
3店舗目という意味。
一店舗目は早稲田で二店舗目は目白で。
そして三店舗目が軽井沢ということで
一店舗目から数えると40周年となるそうです。








e0136511_16560212.jpg





お盆期間中
軽井沢中心部は混雑必須だったので
南軽井沢方面の散策をすることにしました。
その際、まずはこちらでモーニングをと思いましたが
駐車場が満車状態なのが
街道沿いからも確認する事ができました。

これは絶対に無理だ~~と朝食はあきらめる事に。
それでも頭はすでに"カフェ・ル・プティ・二 3”さんの頭になっていたので
南軽井沢散策の後に再チャレンジをすることに決めました。






e0136511_16564588.jpg
e0136511_16561947.jpg





朝食メインのお店は閉店時間も早く
こちらは3時です。
伺ったのは1時ごろでしょうか。
ランチのお客様もお帰りになる頃だったため
カウンターに席をとることができました。

なるほど
朝食、朝食と思うから混雑して入れないけど
ランチ後と閉店前の間の時間が
もしかしたら穴場なのかもしれませんね。

ここでは、卵のサンドイッチを頂くと決めています。
フレンチトーストも有名だけど
私の一押しは卵のサンドイッチ。

注文を受けてから
卵を割り、オムレツを作ってパンに挟んでくださる。
なので運ばれてきたとき
ほのかにまだ温かい~♪
これがいいのです!!
フワフワの卵とパンをお口の頬張る瞬間
あ~幸せと思っちゃいます。

サラダのドレッシングもサッパリしていて
サンドイッチの味を邪魔しないのです。





e0136511_16570313.jpg




カウンターやお店の中には
奥様のご趣味でしょうか。
可愛い雑貨が沢山飾られています。

こちらはよく見ると
お店の名前が入っているわ!






e0136511_16571648.jpg
e0136511_10193615.jpg




店内は赤い電話ボックスと赤い暖炉がポイントです。
出窓で焙煎されているコーヒーはとても美味しいし
本や雑誌もあって
ゆっくりと時間をすごせる準備は整っています。





e0136511_16573267.jpg




テラスはワンちゃんも大丈夫なので
お店の脇から周ってテラスへどうぞ。




e0136511_17065996.jpg




フレンチトーストは前日までの予約制です。

朝食が満席だとしてもあきらめないで!
ランチ後のデザートに再チャレンジしてみてくださいね。
もしかしたら、入れるかもしれませんよ。







e0136511_16580278.jpg




カフェ・ル・プティ・二 3
長野県北佐久郡大字発地1398-457
0267-48-3334


皆さまも軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。




e0136511_00173672.png













by chee-mama | 2018-08-16 17:55 | 軽井沢 | Trackback | Comments(2)
e0136511_00074220.jpg




人気恋愛リアリティーショー"テラスハウス軽井沢編”でも登場した

”RK GAREN”

ヴィーガン料理のお店です。

ヴィーガン料理とは
乳製品・お肉・卵を使わないお料理です。



e0136511_00042739.jpg
e0136511_00041137.jpg
e0136511_00035696.jpg
e0136511_00050216.jpg




お店は追分のフラワーフィールドという
お花屋さんの二階部分。
屋根はありますが
窓はないため
風は抜けるし
雨が降れば吹き込んできます。

かなりの悪天候でない限り
雨でも吹き込まない部分で営業されるそう。

窓がないので
外の音が遮断されないため
国道を走る車の音が聞こえるのが難点・・・

と思っていたのですが・・・
素敵な場所にいて
おいしいものをいただいていると
その音も聞こえているのに
気にならなくなる私です。




e0136511_00033966.jpg



伺ったのは雨あがりの朝一番。
ちょっと肌寒く感じる日でしたので
あったかいものがいただきたいな~と思い
選んだメニューは野菜カレースープ。




e0136511_00055621.jpg


野菜がこれでもか!と山盛り状態。
焼いてあったり、生であったり。
カレースープの上に
生野菜が乗っているなんて、
すごく珍しいですよね。
でもこれがまた良いですよ。
お野菜によって一番おいしく食べれる調理法を
セレクトされているのかしら~と思いました。
触感も色々楽しめるのもよいです。

お肉やお魚が入っていないのに
お野菜だけでこれだけの旨味を感じることができるなんて。
すごい満足感!!




e0136511_00062591.jpg
e0136511_00052024.jpg
e0136511_00064456.jpg
e0136511_00061146.jpg



お花や雑貨の飾り方が
とにかくさりげないの。

もしかしたら
ひとつひとつの置き場所を
すごく考えていらっしゃるのかもしれない。
だけど、それがここに訪れる人には
さりげなく置かれているように見せている。
それってすごいこと。
さりげないということは
人に気を負わせないということだから
自然に受け入れてもらえるわけ。
この空間がすごく居心地が良く思える理由の
一つかしら~と思います。



e0136511_00070305.jpg




有機のコーヒー豆のホットコーヒーも
美味しい。
ヴィーガンだからミルクは豆乳です。





e0136511_00072375.jpg
e0136511_00435465.jpg


軽井沢の中心部からは
ちょっと距離もありますが
素敵な空間と身体にやさしいお料理をいただきに
ぜひ、訪れてみてくださいね。


以前の記事はこちらです。




Rk GARDEN
長野県北佐久郡軽井沢町追分1138-1
電話 0267-31-5330


皆さまも軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。




e0136511_00173672.png






by chee-mama | 2018-08-11 09:09 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)

フォトスタイリストとしての視点から、素敵な雑貨や美味しいものなど心に響いたものをご紹介しています。 写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama