e0136511_19361640.jpg


一からスタイリングをする時だけでなく
カフェやレストランで撮影する際
意外と難しいな~と思うのが
カトラリーの位置です。

ある先生はスイーツなどを撮影する際
かならずフォークを一緒に撮影されるといわれています。
それは”いただきます”を表現されたいからだとか。

これは何度も書いている
道具の力を借りて動きやストーリーを作るということです

インスタグラムなどに投稿するために
カフェなどで撮影する時
一緒に運ばれているカトラリーについて
どうしようかな~とお考えになる事はあるでしょうか?

実は考えている方と
何も考えずに撮影しちゃっている方とでは
大きな違いがあるな~と思っています。

何が違う?
それは画像の中でのバランスのとり方です。
カトラリーってスイーツなどに対して長い事がおおいですよね。
これが撮影のアングルによっては
さらに長く見えてしまったり
大きくみえてしまったりして
バランスが悪いだけでなく
主役よりもめだってしまったりするんです。

せっかく動きやストーリーを
作り出しやすい道具なのに逆効果ではもったいない。

今後撮影する時
どこにおいたらいいかな~と
ちょっと考えながら撮影してみてください。

これからのヒントの中でも
私が注意していることを
お伝えしていけたらと思っています。




”スタイリングのヒント”については私が実際に経験して感じたことを記載しています。
いわゆる写真教本やお教室などで”良し”とされていることと違うこともあるかもしれません。
あくまで個人の感想や考えとしてご了承くださいね。



e0136511_00173672.png







# by chee-mama | 2018-05-19 11:23 | フォトスタイリング | Trackback | Comments(0)

フォトスタイリストとしての視点から、素敵な雑貨や美味しいものなど心に響いたものをご紹介しています。 写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama