e0136511_12573899.jpg


毎年この時期
モデルの久保京子さんのご自宅で開催される
"味噌おでんの会”に
今年も参加させていただきました。

こちらは
名古屋の味噌おでんの名店”つる軒”さんが
特別に京子さんのお宅に出張してくださるという
超贅沢な会なのです。




e0136511_12570375.jpg



今回は15時より始まる会に参加したため
お写真も明るく撮れてよかった。

京子さんのご自宅には
和室の離れがあって
そこで味噌おでんが振舞われます。

この日の第一席目だったので
京子さんの準備前真剣モード。
準備にはぬかりありません。





e0136511_12571177.jpg

e0136511_12572283.jpg



準備が整って
さ~みなさまどうぞ!!

1席でだいたい7名くらい。
それをこの日も4席。
今年も他の日に3回か4回くらい開催される。
準備だけでも大変でしょうし
京子さんの女将も大変なのに
いつもにこやかにお迎えしてくださいます。








e0136511_12573074.jpg
e0136511_12574764.jpg
e0136511_12575601.jpg

e0136511_12580378.jpg




お席には箱膳。
京子さんのライフスタイルを語るに
この箱膳ははずせない。
よくLEEなどに掲載されていたな~
この会ではお膳として活用され
使わない時には
食器などを収納されているそうです。




e0136511_12581232.jpg

e0136511_12582340.jpg

e0136511_12583409.jpg




名古屋名物"味噌おでん”は
なかなか関東で味わうことができないので
この日を楽しみにしている私。

特にこの角麩には
本当に出会わない。




e0136511_12584677.jpg

e0136511_12585774.jpg



こんなにこっくりとした色
味が濃そうに見えるけど
喉かわくほど
お味は濃くないのです。

この味噌をお猪口に入れて
飲んでも美味しい。

他にもこんにゃくや豚バラなどなど。
お好みで七味をかけたり。

私はアルコールが体にあわないので
いただけないのですが
これはきっと日本酒にあうんだろうな~




e0136511_12591369.jpg

e0136511_12592325.jpg
e0136511_12593358.jpg

e0136511_12594547.jpg




さて、最後にいただくのは
森繫久弥さんが命名されたという
"赤茶漬け”

白いご飯にゆで卵を崩して
そこに追い味噌をかけていただきます~♪


京子さん、スタッフの方の
キメ細やかなおもてなし。
毎回頭がさがります。
こんな皆様に愛されるような会を
いつか開催できるような女性をめざしていきたいと思います。

今年も大満足!
ご馳走さまでした!










# by chee-mama | 2019-02-17 13:44 | パーティー | Trackback | Comments(0)

フォトスタイリストとしての視点から、素敵な雑貨や美味しいものなど心に響いたものをご紹介しています。 写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama