<   2018年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0136511_12032399.jpg





中軽井沢の夏の風物詩のひとつ
高原教会のサマーキャンドルナイト!!

156平方キロメートルの町の面積の6割が森林と原野。
町の人口は2万人
そんな町に年間800万人の観光客の方がいらっしゃいます。

当然のことながら
春から夏に観光客の方々は集中し
しかも人気のスポットには必ずや足を運ばれる。
なので今までは大丈夫だったことでも支障が生まれることもあり
中止になったり
制約がかけられたりと
前のほうが良かったに・・・と思うことも
いっぱいあります。
それでも多くの方が
良い思い出を作られ
気持ちよく楽しい時間をお過ごしになられるよう
みなさんで協力しあっていけたらと願っております。







e0136511_12200723.jpg





こちらの高原教会のキャンドルナイトにも
沢山のお客様がお見えになり
暗く足元が悪いなか
人がひしめき合っている状態です。

結婚式の支障が生まれるために
ずっと開催されていたあるイベントが
最近行われなくなったこともあり。
夜には結婚式もないから
きっと継続してくださると思うけれど
これからもずっとこのイベントが続きますように
どうぞ皆様色々ご配慮くださって
見学していただきたいと思います。







e0136511_12213070.jpg






夕方からひとつひとつ
ランタンの火を灯してくださいます。
毎日のこと、どれだけの労力がかかっているか。
そのお力があるゆえ
坂を上った先に見えた瞬間の別世界
誰もがわ~~~~と声が上がる世界
プロジェクションマッピングも素敵だけど
もっと温かい
もっと人間味を感じる
すばらしい世界を作り出してくださっているのです。
もう、感謝しかありません。







e0136511_12235566.jpg

e0136511_12264211.jpg




頭の上も足元にも・・・
とにかく無数のランタンの光が
とても温かいのです。






e0136511_12314011.jpg
e0136511_12341042.jpg
e0136511_12344468.jpg





今年のテーマは"伝える”
信州に古くから伝わる伝統工芸品などの素材とキャンドルとのコラボレーション。
信州飯山の手すき和紙"内山紙”を使った和紙のランタンと屏風が登場。
軽井沢に生息する鳥や動物、草花、風景が描かれています。
紙すきは飯山市の平田真澄さま、デザインはグラフィックデザイナーのAkiko da Silvaさまによるもの。
描かれた絵はとても可愛くやさしい。
そして和紙を透した光がさらに温かみをプラスしてくれています。

若い方にも古くから伝わる工芸品を
観て感じていただいて
素晴らしさが"伝わった”ことでしょう。
なかなか素敵なコラボレーションだったと思います。







e0136511_12455986.jpg






教会前も記念撮影の方の列が切れることがなく
教会も閉まる時間になってしまいました。
キャンドルを手持ちで撮影するには
ちょっと暗すぎの時間でした。

写真撮影よりも
心にこの美しさを刻み込んで。
また、訪れるのを
楽しみにしたいと思います。


ランタンキャンドルのイベントは
8月31日まで
雨天でも開催されています。


ホテルブレストンコート前にあった自転車置き場がなくなり
ハルニレテラスからあがってくる坂の下が
自転車置き場になりました。
キャンドルナイト開催中の混雑時には
見学者の車はホテル前の駐車場には入れず
特設の駐車場となります。
その時の状態によりますので
係りの方の誘導に従ってくださいね。





皆さまも軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。




e0136511_00173672.png














by chee-mama | 2018-08-18 12:58 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)

e0136511_17060221.jpg





軽井沢の朝は10年前に比べると
だいぶ早くなってきて
朝食をメインになさるお店も増えてきました。

その先駆けともいえるお店
"カフェ・ル・プティ・二 3”

通常は8時からオープンなのを
夏休み期間中の8月29日までは7時からとなっていますよ。

お店の前には
オープン前にお越しいただいた方はこちらにお名前を~と
ノートが置いてありましたので
どうやら7時前からお客様がいらしてお待ちになっているようです。
皆さん、早起き!!


可愛い外見のお店。
なんとなく鳥の巣箱のように見えます。
お店の名前はフランス語で"可愛い鳥の巣"という意味。
だからかしら・・・なんて勝手に思っています。

カフェ・ル・プティ・二のあとの3は
3店舗目という意味。
一店舗目は早稲田で二店舗目は目白で。
そして三店舗目が軽井沢ということで
一店舗目から数えると40周年となるそうです。








e0136511_16560212.jpg





お盆期間中
軽井沢中心部は混雑必須だったので
南軽井沢方面の散策をすることにしました。
その際、まずはこちらでモーニングをと思いましたが
駐車場が満車状態なのが
街道沿いからも確認する事ができました。

これは絶対に無理だ~~と朝食はあきらめる事に。
それでも頭はすでに"カフェ・ル・プティ・二 3”さんの頭になっていたので
南軽井沢散策の後に再チャレンジをすることに決めました。






e0136511_16564588.jpg
e0136511_16561947.jpg





朝食メインのお店は閉店時間も早く
こちらは3時です。
伺ったのは1時ごろでしょうか。
ランチのお客様もお帰りになる頃だったため
カウンターに席をとることができました。

なるほど
朝食、朝食と思うから混雑して入れないけど
ランチ後と閉店前の間の時間が
もしかしたら穴場なのかもしれませんね。

ここでは、卵のサンドイッチを頂くと決めています。
フレンチトーストも有名だけど
私の一押しは卵のサンドイッチ。

注文を受けてから
卵を割り、オムレツを作ってパンに挟んでくださる。
なので運ばれてきたとき
ほのかにまだ温かい~♪
これがいいのです!!
フワフワの卵とパンをお口の頬張る瞬間
あ~幸せと思っちゃいます。

サラダのドレッシングもサッパリしていて
サンドイッチの味を邪魔しないのです。





e0136511_16570313.jpg




カウンターやお店の中には
奥様のご趣味でしょうか。
可愛い雑貨が沢山飾られています。

こちらはよく見ると
お店の名前が入っているわ!






e0136511_16571648.jpg
e0136511_10193615.jpg




店内は赤い電話ボックスと赤い暖炉がポイントです。
出窓で焙煎されているコーヒーはとても美味しいし
本や雑誌もあって
ゆっくりと時間をすごせる準備は整っています。





e0136511_16573267.jpg




テラスはワンちゃんも大丈夫なので
お店の脇から周ってテラスへどうぞ。




e0136511_17065996.jpg




フレンチトーストは前日までの予約制です。

朝食が満席だとしてもあきらめないで!
ランチ後のデザートに再チャレンジしてみてくださいね。
もしかしたら、入れるかもしれませんよ。







e0136511_16580278.jpg




カフェ・ル・プティ・二 3
長野県北佐久郡大字発地1398-457
0267-48-3334


皆さまも軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。




e0136511_00173672.png













by chee-mama | 2018-08-16 17:55 | 軽井沢 | Trackback | Comments(2)
e0136511_00074220.jpg




人気恋愛リアリティーショー"テラスハウス軽井沢編”でも登場した

”RK GAREN”

ヴィーガン料理のお店です。

ヴィーガン料理とは
乳製品・お肉・卵を使わないお料理です。



e0136511_00042739.jpg
e0136511_00041137.jpg
e0136511_00035696.jpg
e0136511_00050216.jpg




お店は追分のフラワーフィールドという
お花屋さんの二階部分。
屋根はありますが
窓はないため
風は抜けるし
雨が降れば吹き込んできます。

かなりの悪天候でない限り
雨でも吹き込まない部分で営業されるそう。

窓がないので
外の音が遮断されないため
国道を走る車の音が聞こえるのが難点・・・

と思っていたのですが・・・
素敵な場所にいて
おいしいものをいただいていると
その音も聞こえているのに
気にならなくなる私です。




e0136511_00033966.jpg



伺ったのは雨あがりの朝一番。
ちょっと肌寒く感じる日でしたので
あったかいものがいただきたいな~と思い
選んだメニューは野菜カレースープ。




e0136511_00055621.jpg


野菜がこれでもか!と山盛り状態。
焼いてあったり、生であったり。
カレースープの上に
生野菜が乗っているなんて、
すごく珍しいですよね。
でもこれがまた良いですよ。
お野菜によって一番おいしく食べれる調理法を
セレクトされているのかしら~と思いました。
触感も色々楽しめるのもよいです。

お肉やお魚が入っていないのに
お野菜だけでこれだけの旨味を感じることができるなんて。
すごい満足感!!




e0136511_00062591.jpg
e0136511_00052024.jpg
e0136511_00064456.jpg
e0136511_00061146.jpg



お花や雑貨の飾り方が
とにかくさりげないの。

もしかしたら
ひとつひとつの置き場所を
すごく考えていらっしゃるのかもしれない。
だけど、それがここに訪れる人には
さりげなく置かれているように見せている。
それってすごいこと。
さりげないということは
人に気を負わせないということだから
自然に受け入れてもらえるわけ。
この空間がすごく居心地が良く思える理由の
一つかしら~と思います。



e0136511_00070305.jpg




有機のコーヒー豆のホットコーヒーも
美味しい。
ヴィーガンだからミルクは豆乳です。





e0136511_00072375.jpg
e0136511_00435465.jpg


軽井沢の中心部からは
ちょっと距離もありますが
素敵な空間と身体にやさしいお料理をいただきに
ぜひ、訪れてみてくださいね。


以前の記事はこちらです。




Rk GARDEN
長野県北佐久郡軽井沢町追分1138-1
電話 0267-31-5330


皆さまも軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。




e0136511_00173672.png






by chee-mama | 2018-08-11 09:09 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_13024408.jpg



台湾のお土産で一世を風靡した
"サニーヒルズのパイナップルケーキ”
東京青山で5年前にお店ができてから
日本でも購入できるようになりました。

先日、自由が丘を歩いていたら
ここは何のお店だろう・・・と中に入ると
そのサニーヒルズの自由が丘支店だったのです。

こちらのお店の特徴としては
高級な台湾紅茶の中にイチゴ、パイナップル、マンゴー、キウイ、パッションフルーツ、りんごという
6種類のフルーツを合わせたフルーツティーの販売があること。

蓋を開けると
閉じ込められていたフルーツとお茶の香りが立って癒されます。

だんだんと中の氷が解けていくことで
お茶のお味の変化も楽しめ
フルーツも一緒に召し上がれるので
お茶とデザートの中間的存在です。

暑い夏の自由が丘散策のお供に
ピッタリですよ!



e0136511_13025604.jpg

e0136511_13031076.jpg




そしてそしてパイナップルケーキ!
こちらでは二個入りが販売中~♪
赤いパッケージは幸せを運んでくれそうだし
二個で600円というお値段も
ちょっとしたプレゼントに使えそうですよ。

そして今
フルーツティーを購入すると
パイナップルケーキをひとつプレゼントしてくださいます。
実はフルーツティーは650円とちょっとお高め。
でも300円のケーキがつくということは・・・
かなりのお値打ちなのでは!


自由が丘駅GAP側
カタカナという雑貨屋さんの角を左に曲がった右側です。
自由が丘にお越しの際は
是非、立ち寄ってみてくださいね。




e0136511_14192222.jpg

サニーヒルズ Sunny Hills To-Go at Jiyugaoka
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-23-15 101
電話 03-6421-1330





e0136511_00173672.png












by chee-mama | 2018-08-09 06:44 | おきにいり | Trackback | Comments(0)
e0136511_18060542.jpg




軽井沢のお土産の筆頭にあがるのはジャム

かつて宣教師たちが
軽井沢で暮らし始じめて
祖国と同じような食生活をされるため
軽井沢でもジャムやパンを作られたそう。

信州は果物の宝庫のため
色々な種類のジャムを作り
食卓をにぎわせたことでしょうね。

ですから軽井沢のジャムの歴史は
とっても長いのです。


軽井沢でジャムの人気ナンバーワンは
沢屋さんのいちごジャムかブルーベリージャムだと思います。






沢屋さんのお店は色々な場所にあって買いやすいし
軽井沢駅近くのコンビニでも並んでいるのを見かけましたので
ジャムのお土産の定番になっていることでしょう。

たまには違った感じのジャムを召し上がりたいな~と思われる方
カレーの名店 ”Sajilo cafe"のオリジナルジャムはいかがですか?

Sajilo Cafeのジャムは信州産ではありませんが
どこでも購入できるという物ではない特別感があるので
きっと喜ばれるのではないかと思います。






e0136511_11164815.jpg



私はハルニレテラスの”Sajilo Cafe Linden"で購入しました。
包んでくださるもの
ただ、くるくるっとねじってあるだけなのに
なぜかとてもおしゃれに見えるのです。

私購入したのはジンジャー&ライム。
パンに塗るのもよいけれど
ジンジャーティーにしていただこうかな~と思ってます。

ちょっと大人なジャムを。
是非お試しくださいませ。

みなさまも軽井沢で素敵な時間をおすごしください。


e0136511_00173672.png




by chee-mama | 2018-08-08 11:19 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_18425220.jpg



誰かが作った”爽やかな朝に聞きたい音楽”の
プレイリストを聴きながら
軽井沢で買ってきた新生姜の酢漬け作業も
これで4回目。

あ~こんな時間の使い方
なんか幸せだな~と思える今日この頃。

最近
色々とありすぎて
気持ちがざわついたり
淋しいこともあったり
(ああ、もちろん嬉しい事もあったけど)

それでも
前に比べて
ゆったりと、ゆっくりと
時を大切に過ごせているような気がする。

やっと自分を取り戻せてきたかな。
そんな気持ち。

体重の減少も止まって
食欲もすごく出てきた。
家族もとりあえず元気
愛犬も夏を越えれば18歳になる。
なんて幸せなこと。

色々なことの整理に追われているけど
その物の整理をすることで
価値観についても考えたりした。
あんなに執着していた物も
今は安易に手放すこともできちゃう。
それって、根本的に
好きではなかったってこと?
そんな事を考えながら
今、自分の周りに残っているものが
本当に好きなものなんだな~とか
いまさらながら発見もあって
なんだか面白いな~と思う。

さあ、次のステップに踏み出すまで
あと少しかな。
もう少し整理。
がんばろっと♪

少しだけお部屋の片付けが見えてきて
足りない物は"花”だ~と思った(笑)
というか"花”を飾りたい!という気持ちが生まれたのだ。

丁度良いタイミングで
あこがれていた方のレッスンを受講できることになった。
楽しみでしかたがない。
お花はもうやらないって決めてたのに
やっぱりやっちゃうんだ、私。
好きなんだな、きっと。
自分の本質が見えて、なんだか笑ってしまった。
”お花の人”にはならないけど
花のある生活は取り戻したい。

小さな一歩だけど
いままでとは違う世界がまた見れそう。



写真のジャムはサジロカフェで買ったもの。
またご紹介しますね。


e0136511_00173672.png











by chee-mama | 2018-08-07 17:26 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
e0136511_18222544.jpg




軽井沢に本屋さんが復活して
軽井沢ブロガーの方々みなさんが記事にされ
多くの方が楽しみにしていた事が
伝わってきます。






夏になり軽井沢に観光にいらっしゃる方のご利用もあるため
営業時間も朝8時からと一時間早まっているようです。




e0136511_18224182.jpg

e0136511_18225972.jpg




混み合う前に利用するには
オープンと同時がお約束。
この日は一番最初に来店した人でした。

まだどなたもいらっしゃらない店内
独り占めって気持ちいい~!




e0136511_18375820.jpg



逆にどこに座ってもよいとなると
どこにしようか迷う、迷う。

一番すわり心地がよさそうな椅子を選んで
まずはかるく朝食用に
アイスコーヒーと焼きたての小さなデニッシュを。

手を汚さないくらい
ぱくっと食べられる大きさなので
お茶のお供に丁度よいけど
ひとつ200円はお高めかな。
でも魅力的なのは確かなのです。






e0136511_18231994.jpg



e0136511_18234680.jpg




カフェスペースでは
イベントなども考えられているようですが
この時は、中軽井沢にあるギャラリー
軽井沢ギャラリーのデビット・スタインリー・ヒューエットさんの作品が
展示販売されていました。

トランプ大統領が来日した時に
安倍総理夫人の依頼で
メラニア大統領夫人へのプレゼントを製作されたとのこと。
現在、注目のアーティストでいらっしゃいます。

キャンバス地に下地を塗り
その上に金箔をはり皺や皹を入れ
そして筆で黒を入れた作品。

和の要素が多いように思えるけれど
こういうカジュアルな店内にも
しっくりと合ってしまうのがさすが。

すばらしい作品って
懐が深いのです。



e0136511_18240169.jpg

e0136511_18251356.jpg


最近、本はネットで買う事が多かったのですが
そういう本って意外と愛着がなかったりする。
最近300冊以上本を整理してみて
これからはじっくりと本屋さんで本を選びたいな~と思っていました。
そんな時にできた軽井沢書店は
本のセレクトにセンスを感じるし
珍しい本もあったりして
本選びも楽しい!

今回見つけた本は
TSUTAYAを運営されている増田宗昭さんの本。
なかなか面白いです。




e0136511_18241954.jpg





みなさまも軽井沢で素敵な時間をおすごしください。




e0136511_00173672.png











by chee-mama | 2018-08-06 19:07 | 軽井沢 | Trackback | Comments(2)
e0136511_10021375.jpg




6月ごろになると
色々なメディアで軽井沢の特集が組まれます。

今年の雑誌にフル掲載されたのではないかと思うほど
注目を浴びているのが
軽井沢のお隣、御代田町にある
オープン5年めの

Pace AROUND (ペースアラウンド)


私のブログは基本的に
軽井沢駅から徒歩、自転車で訪れる事ができる場所を
ご紹介していこうと思っているので
趣旨からはちょっとはずれちゃうんですが
それでもここは是非に!と思う
素敵なお店なんです。





e0136511_10012589.jpg



この青い扉の向こうから
このお店の物語が始まる・・・

雑誌"Pen”でのオーナーさまへのインタビュー記事を抜粋させていただくと
”モノはもういらない。むしろ減らしているのよ。”と言われたお客様の言葉から
モノを売る場所から、時を過ごす場所へ変化をされていったそう。





e0136511_13530804.jpg



お店は印刷工場だったという約100坪の広いスペース

そこにはお部屋をイメージしながら
商品をレイアウトしたコーナーがあったり
テーブルコーディネートが美しいコーナーがあったり
新しい物や時代を旅している物がセンスよく並びます。

お店の中をゆっくりと歩き回りながら
お気に入りを見つける
まさに”ペースアラウンド”の名前のとおり
時を過ごすことを楽しめる場所。







e0136511_13535562.jpg
e0136511_13550379.jpg
e0136511_13552100.jpg



お店の中を周っていると
モノのほう方"私はここにいるよ”と語りかけてきます。
私のも、素敵な物にめぐり合いました。

こういう場所でじっくりと
モノと向き合っていると
決して断捨離の対象にはならないようなモノの
セレクトができると思います。




e0136511_13553409.jpg
e0136511_13555143.jpg
e0136511_13561384.jpg




お気に入りを手にいれたら
どこに飾ろうか。
食器には何を盛り付けようか。
この本はどんなストーリーが隠されているのかしら?

手にした瞬間から
私達は次のストーリーの主役になるのですね。
大切にしなくちゃ。






e0136511_13571097.jpg
e0136511_13572833.jpg
e0136511_13574340.jpg



お店に何度も伺おうと思っていても
最後に曲がる場所が
てっきりゴルフ場の入り口だと勘違いして
お店までたどり着く事ができなかったという私。

どうしても車でないといけない場所ではありますが
是非、訪れてみてくださいね。


ペースアラウンド
長野県北佐久郡御代田町塩野400-158
0267-32-7007






e0136511_13575874.jpg




みなさまも軽井沢で素敵な時間をおすごしください。




e0136511_00173672.png











by chee-mama | 2018-08-05 18:12 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_18222018.jpg



夏休みの観光シーズン真っ只中の軽井沢。
人気のお店に入りたければ
待ち時間も覚悟せねばならなくなりました。

万平ホテルのカフェテラスも
そのうちのひとつ。
特にテラス部分は
ワンちゃん連れもokなこともあり
室内よりも先に満席になってしまいます。

待ち時間なしでと思ったら
なるべく開店と同時に入店すること。
この日は、ちょっとばたばたしていて
少し時間がすぎてしまったら
テラス席はあとひとつ~という状態でした。






e0136511_18243770.jpg





万平ホテル入り口の美しいグリーンに囲まれているテラスは
それほど広くないけれど
特にソファーの席はお気に入りの場所。
心地よい風もうけとめられて
あ~軽井沢って素敵~!って思える。

こちらは
ジョンレノン直伝のロイヤルミルクティーや
伝説とまで言われるアップルパイ
復活のフレンチトーストなどが有名ですが
この時期は誰がなんといおうと
かき氷よ~~!!




e0136511_07125729.jpg




今日のお目当ては桃のかき氷
とにかくスプーンを氷に入れたときに
びっくりするくらい
フワフワ~~♪

口どけも優しくて
桃のシロップがお口いっぱいに広がります。
この甘すぎないシロップも絶品。
そして桃が氷の中にも隠れていて
まるまる一個以上は入っているかもしれません。

大きくて
最初は全部食べれるかな?と思ったけど
そんな心配はなく
ペロリといただきました~


メニューには辛口シャンパンとのセットとかもあって
大人な夏を過ごすには
最強のコラボを味わうことができそうですよ。





e0136511_07164218.jpg



かき氷のメニュー
今年はあとロイヤルミルクティーの物。

ジョンレノン直伝ロイヤルミルクティーを
万平ホテルがかき氷にしたらどうなる?って
とても気になりますね。
こちらはどうやら
中はアイスクリームを忍ばせているようです。

お値段はランチが十分いただける金額ですが
色々と頑張っているご褒美に
ちょっと贅沢してもいいかな~(笑)

この夏、軽井沢にいったら
是非食べていただきたい物のひとつに
お勧めしたいとおもいます~♪






e0136511_19105276.jpg


みなさまも軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。


e0136511_00173672.png











by chee-mama | 2018-08-03 07:29 | 軽井沢 | Trackback | Comments(0)
e0136511_01145744.jpg




軽井沢タリアセンの隣には
信州そば粉をつかったガレットをいただけるお店があります。

cachette (カシェット)

こちらのガレットは
たっぷりとサラダがのった物などを召し上がる方が多いようですが
伺った日がとても暑い日だったこともあり
なるべくシンプルに
ガレットの生地の味と
焼き野菜の味を楽しみたいな~と思い
一番基本的なガレットを注文させていただきました。



e0136511_01220103.jpg

e0136511_01221757.jpg



11時半くらいに伺ったのですが
すでにお客様がいっぱい。
年齢層が意外と高くてびっくりで
軽井沢にいらっしゃるご高齢の方は
おしゃれな物を召し上がるのだわ~と
意識高いと若く元気でいられるのだと
勉強になりました♪


店内の撮影はこの二枚のみしかできませんでしたが
シンプルながらも
センスのよいグリーンや雑貨が飾れていて
居心地のよい空間を作られいましたよ。
お食事用だけでなくデザートガレットもあり
ガレットを色々な角度から楽しめそうです。

今年の7月で9周年を迎えられたお店。
またゆっくりと
訪れたたいと思います。


e0136511_01223730.jpg


e0136511_01565943.jpg





皆様も軽井沢で素敵な時間をおすごしくださいね。




e0136511_00173672.png










by chee-mama | 2018-08-02 02:00 | 軽井沢 | Trackback | Comments(2)

フォトスタイリストとしての視点から、素敵な雑貨や美味しいものなど心に響いたものをご紹介しています。 写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama
プロフィールを見る
通知を受け取る