すべてに贅をつくしたアイスショー!  氷艶2017「破沙羅」

e0136511_16072893.jpg



千秋楽前に、なんとプログラムが完売するという
アクシデント?も。
染五郎さんのポストカードセットは、
2日目には完売!

一度この世界を知ってしまったら
また体感したいと
帰りにリピーターズチケットの
購入列に並びたくなる。

出演者も観に行った人々も
千秋楽後には
すぐに氷艶ロスになっていると
ツイッターやインスタグラムで呟いている。
いやいや、叫んでいる。

歌舞伎役者 市川染五郎さんが
ディズニーオンアイスがあるなら
歌舞伎オンアイスがあってもよいのでは!
という発想から生まれた”氷艶”
大方の想像を
はるかに超えた
今まで体験した事が無いような
素晴らしいアイスショーでした!

通常のアイスショーには
テーマがあってもストーリーというのはなく
ほとんどがスケーター独自のプログラムを
組み合わせていく場合が多い。

この”氷艶”には、
善が悪を倒すストーリーがあり
そのストーリーを膨らませるために
歌舞伎やフィギュアスケート
プロジェクションマッピング
和太鼓、宙吊りなどなどの演出が。
そして、衣装も素晴らしい!

一枚めの写真は
購入したポストカードから切り取ったもの。
刺繍や装飾にこだわりを感じ
これだけでも、見ごたえがあります。
もっと近くでみてみたい!
是非、衣装展を開催いただきたいほど!

フィギュアスケートの衣装は
通常、動きやすい軽いものだろうけど
今回の衣装はかなり重そう。
それでも、スケーターは
そんなそぶりは微塵もみせず
さらに衣装を美しくみせる
スピンやステップを軽々と決める。




e0136511_16061151.jpg



市川染五郎さんはスケート履き
広いリンクを駆け抜け
高橋大輔さんは、一部スケート靴を脱ぎ
東京ゲゲゲイ振付(たぶん)の舞踊を披露。

真っ白なリンクは
時に桜の花びらであふれ
ある時は、花道も現れる。
プロジェクションマッピングの技術により
その世界はあまりに自由。

和太鼓の響きは
山々の噴火や荒々しい海を思わせ
それは演奏者の枠を超え
”氷艶”のパフォーマーとしての役割も担っている。
コシノジュンコさんデザインの衣装も
素敵!

天井の高さを活かした宙吊りは
まるでシルクドソレイユのよう。
高所恐怖症と聞いている染五郎さん。
前転後転、あの衣装ですごすぎる。

クライマックスの殺陣のシーンは
スケートのスピードが生かされ
地上で行うより数段迫力を増している。
もう、男性だけでなく
女性スケーター達もカッコ良い!

まあ、わたしは高橋大輔さんファンだから
どうしても贔屓目でみてしまうけど
誰がみても、彼の演じた源義経は
適役だったと思う。
それを最初から見抜いていた染五郎さん
さすがです!








私の席の真正面は
紅いシートの貴賓席


そこにスポーツ庁長官鈴木大地氏のお姿確認!

スポーツ庁も”氷艶”を後援してたからでしょうか。
でも、お忙しいからか途中で退席。

特に2部はみて欲しかったなあ〜

東京オリンピック開会式とかの

絶対に参考になったと思うのだけど。


海外の方にも観ていただきたいし

きっと喜ばれると思う。
私も何度でもあの世界に浸りたいと思う。

そしてなによりも
フィギュアファンは歌舞伎や和太鼓に興味をもち
歌舞伎ファンはフィギュアスケートのファンになるという
お互いのファンのすそ野を広げることができたことも
この”氷艶”の功績だと思うのです。

でもね、他のアイスショーで
この”氷艶”と同じようなショーはありません。
あらたにフィギュアファンになられ方々を
がっかりさせないためにも
他のアイスショーも頑張ってもらわないとね~
比較的高額な入場料。
今回はお安く感じてしまったのは
やっぱりおかしいと
私は思うのです。

取り急ぎ氷艶ロスの私たちに
テレビ放送かDVD発売されないなあ。
そしてなによりも、再演を熱望します!!





e0136511_00173672.png






にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。






トラックバックURL : http://cheemama.exblog.jp/tb/25797550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stella at 2017-05-30 16:36 x
こんにちは♡
cheemamaさんの熱い説明で、どんなに素晴らしかったものかがよ~~~く伝わりました!
観てみたい強い衝動が襲っています!
ほんとテレビやDVDで観たい~♪
お互いのファンのすそ野を広げるなんて素晴らしいですよね。
次回は必ず行くことができるように調整したいわ~♡
Commented by venus28 at 2017-05-31 15:27
お久しぶりです。氷艶行かれたのですね。羨ましい!!AOIのレポートが書けず、すでに3ヶ月もたってしまいました。本当に筆無精(と言うか?)ですみません。
海外に住んでいても、自分が欲しい情報はバッチリゲットして、氷艶が凄いショーであった事があっちこっちで聞こえてきました。高橋さんのゲゲゲイの舞や殺陣も動画でちらっとみました。彼のカンパニーの構想の原型をみているようでした。
今回は各方面のプロ中のプロのコラボですので、凄いという感覚はあったのですが、出演者が多い上に皆のスケジュールや短い期間での練習で、こんなにもきっちり仕上げてくるとは、やはりプロだなぁと感嘆。AOIもストーリー展開のパフォーマーとのコラボですが、飽きる事なくあっという間でした。ロンドンからエンタメ好きな友達が一緒に行ってくれたのですが、こんなショーなら私、毎年来る!!と言ってました。氷艶は更にこれでもかこれでもかと、見どころ満載だったのでしょうね。和太鼓はきいたことあるなぁと調べたら、2008年にこちらに来ていて、私は家族と見に行ってました。わぁかっこいい!!と感激して、公演後家族に飽きられながらも、DVD購入してサインまでもらってました(汗)和太鼓だけでも倒れるくらいかっこいいのに、さらにプロジェクトマッピング、衣装と五感から更なる刺激が、、、、そのうえに伝統芸能である歌舞伎やただのアスリートではない身体芸術の才能のかたまりである高橋大輔さんが出演となれば、プライスレスなショーですよね。今更ながら行けなくて無念です。
私は日本国内のショーに行った事はなく、全て動画でしかみた事がないのですが、これらのショーはアマチュアである現役と引退をしてプロになった演者がミックスしているので、ショーとしての骨組みが中途半端に思えてしまい、スケオタではない私はいくらお目当てのスケーターが出てるからといって、なにがなんでも行きたいとは思えず、行くならばパフォームと言えるぐらいのAOIやイタリアのアートオンオペラとかに行きたいと思ってしまいます。今回氷艶でも染五郎サンのプロデュース力に皆さん感嘆の声でしたが、高橋サンのカンパニー構想もこのプロデュース力が肝になる気がします。
Commented by venus28 at 2017-05-31 15:28
そういう意味で6月のLOFTはなにがなんでも行きたいのですが、諸事情で多分行けない、、、。LOFTのテーマは愛についてですが、踊りがかなり西洋的で濃厚なので、はじめ、これを日本にもってきたのか、、、とちょっと驚きました。アメリカ公演の布石であった事は当時から感じましたが、日本でうけいれられたことに、ちょっとだけ驚きました。海外にいると、ちょっとレベルが違う!って思う事が多々あって、、、、。簡単にいうと日本で通じている事が海外で通じない。エンタメに関してもすごい壁があるきがするのですが、、、だから私は高橋大輔サンのファンになったんだなぁと最近腑に落ちました。活躍の場が日本中心というのが本当にもったいない、もっと世界に出て来て、、、と思います。話が支離滅裂になってしまった。氷艶DVDでないかしら?絶対購入します。(コメント2回に分けさせていただきました)
Commented by chee-mama at 2017-06-07 05:54
stellaさま♪
こんにちは!
メッセージありがとうございます。
本当に素晴らしくて、感動なんていうものでは
ありませんでした。
なあ、かなりのお金もかかっていたと思いますけど。

染五郎さまのやりたいことが
途中でどんどん増えていって
当初2時間の予定が30分も増えたみたいです。

見慣れたアイスショーとは
まったくの別物なので
テレビやDVDになったら
絶対に観ていただきたいわ~
Commented by chee-mama at 2017-06-07 06:11
venus28さま♪
こんにちは!
熱いメッセージをありがとうございます!もう、私のような表現力の拙いものでは表現できないくらい久々に感動のアイスショーでした。
アイスショーという表現すら、ダメダメですよね(涙)
舞台上で歌舞伎を、リンクでフィギュアを・・・的であってあんなに合体するとは思っていなかったので、あれほど自然に両者がコラボできるなんて、すごい!のひとこと。
プロ集団が集まると、それぞれの個性や主張が強くでて、うまく融合できない場合がよくある話だけど、今回はお互いの理解や尊敬があってこそ、調和の取れたものになったのではと感じました。
歌舞伎にしてもフィギュアにしても、これからの新しい可能性を得ることができた貴重なショーだったと思います。
高橋サンについては、文句のいいようがなく義経になりきっていたし美しかった~♪このショーに参加したことでさらに彼のカンパニー構想はさらに強い思いに変わっていったでしょうね。真央ちゃんと是非実現していただきたい。

あと10日に迫ったLOFT。
今年も行ってきます。今回の氷艶もそうでしたが、実際に公演が始まると盛り上がり方が尋常ではないでしょうね。
今からワクワクしています。フィナーレ写真撮れるかな~(笑)頑張ります。
by chee-mama | 2017-05-24 22:30 | おでかけ | Trackback | Comments(5)

フォトスタイリストとしての視点から大好きな軽井沢の情報を中心に、素敵な雑貨や美味しいものをご紹介しています。 写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama