軽井沢で買ったルバーブで混ぜるだけでできる簡単焼菓子を作りました♪ oishii

e0136511_7523084.jpg


軽井沢のマツヤスーパーで見つけたルバーブ。
その色と、すっと伸びやかな形の美しさに
思わず手にしてしまいました。


ルバーブの原産地はシベリア南部。
ヨーロッパで古くから薬用と食用にされていたといいます。
日本でも、最近では初夏から秋にかけて
スーパーや通信販売で手に入るようになりました。

最近良く見かけるのは、赤茎ルバーブ。

この赤い色には
アントシアニンが大変豊富に含まれています。
これはポリフェノールの一種で
抗酸化作用があり、老化防止・動脈硬化の予防に良いとされています。
赤ワインや紫蘇などと同じですね。

便秘改善・血液をサラサラにして循環を改善したりと
生活習慣病の予防効果がある成分が含まれている
と考えられているそうです。




e0136511_7523991.jpg



お料理方法として
ジャムやパイなどでいただくのがおなじみですが
サラダなど生でも食べられるそうですよ。
ただし葉の部分には毒性もあるようなので注意が必要です。

今日は簡単に
材料を混ぜていけばOKの焼き菓子にのせてみました。
お料理が苦手な私にも簡単に出来る素朴なケーキ。

ルバーブの酸味がほどよくて
ちょっと大人のケーキになりました。



e0136511_7524727.jpg



【材料(10cm×25cmの角型 一台分)】


ルバーブの茎 ・・・・・・ 200~250g(2~3本くらい)
薄力粉 ・・・・・・ 120g
アーモンドプードル ・・・・・・ 120g
ベーキングパウダー ・・・・・・ 5g
無塩バター ・・・・・・ 100g
グラニュー糖 ・・・・・・ 80g
卵(M玉) ・・・・・・ 2個
バニラエッセンス ・・・・・・ 数滴


【準備】


1.オーブンは180度で予熱する
2.卵とバターは常温に戻しておく
3.粉類は合わせてふるう
4.ルバーブは2cmくらいに切り、グラニュー糖(分量外)をまぶしておく
5.型に薄くバターを塗っておく


【作り方】


1. ボールに常温に戻してやわらかくしたバターとグラニュー糖をいれ、
  白っぽくなるまですり混ぜる。
2. 1に卵を一つずつ加えてよく混ぜる。バニラエッセンスも加える。
3. 2に粉類を入れて、ムラがなくなるまで混ぜあわせる。
4. 型に3をいれ、表面をならしたらルバーブを並べ、
  生地になじむように軽く押さえる。
5. オーブンで45~50分くらい焼く。竹串にさして、生地がつかなくなれば
  できあがり。

自然の恵みを上手に取り入れて
生活習慣病の予防をしていきたいと思います。




こちらは7月26日のクラスタイリングにも掲載されました♪





お立ち寄りくださいましたおしるしに、
クリックしていだくと嬉しいです♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます。
トラックバックURL : http://cheemama.exblog.jp/tb/22260109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oomimi_usako at 2014-08-04 15:09
こんにちは、cheemamaさん、
とっても美味しそうな焼き菓子の完成ですね♪
カットしたルバーブの並べ方が、これまたとってもかわいいです!
cheemamaさんのお手にかかると、
素朴な焼き菓子もあっという間に見目麗しくなってしまうのが、
何とも素敵なことだと、ため息とともに拝見しております。
Commented by chee-mama at 2014-08-05 19:08
usakoさん♪
usakoさん、コメントありがとうございます!
ど素人のお菓子なので、とても恥ずかしいです。
ルバーブの自然な色が
とても美しく焼きあがって、
ケーキの出来よりも、そのお色が美しくて
思わず写真に撮ってしまいました。

usakoさんにお褒めいただけてと~っても嬉しいです♪
焼菓子は、素朴な感じのほうが
フォトジェニックかな~なんて
勝手に思っている私です!
by chee-mama | 2014-08-04 07:57 | お菓子 | Trackback | Comments(2)

フォトスタイリストとしての視点から大好きな軽井沢の情報を中心に、素敵な雑貨や美味しいものをご紹介しています。 写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama