“假屋崎省吾の世界in 軽井沢” ②

今回の展示会は”向日葵 ~クリュティエの想い~という副題がついています。

クリュティエの神話をご存知でしょうか。

水の精クリュティエは太陽の神アポロンに恋をし、
アポロンを想い大地に直立し彼を見つめ続けました。
しかし、その恋は実らず、太陽の光を浴び続けた彼女の身体は
足が地に根を下ろし、やがて向日葵になってしまいます。
その想いを絶えずして、今もなお向日葵は太陽、
つまりアポロンを見続けています。
                       ~ギリシャ神話より~


二階の一番広いお部屋は
黄色に埋め尽くされました・・・
お花のメンテナンスが本当に行き届いていて
とても良い状態で見学者を楽しませてくださいます。


e0136511_20422618.jpg


e0136511_20424729.jpg


e0136511_2175048.jpg


e0136511_20432825.jpg


e0136511_20434656.jpg


e0136511_2134276.jpg


e0136511_2113925.jpg




寝室や書斎のお花の飾り方は
私たちの日常でも
取り入れることができそうなアレンジでした。

調度品は、睡鳩荘のものをそのまま使われているので
毎年違うイメージで作品を作られるのは
大変だな~と思います。

假屋崎省吾さんといえば、
目黒雅叙園などでの煌びやかな展示会というイメージですが
この睡鳩荘という背景・舞台を生かした
華美になりすぎない
清楚で凛としたお花たち・・・
とても素敵です。

お花に包まれている時間は
身体も心も癒され安らぐ時間だということを
改めて感じた展示会でした。


e0136511_211323.jpg


e0136511_20575444.jpg


e0136511_20442395.jpg


e0136511_20444049.jpg


e0136511_20445683.jpg


e0136511_20451470.jpg



こちらのイベントは7月7日まで。
タリアセンの入場料のほかに、展示見学料500円がかかります。
土足厳禁ですが、スリッパはありませんので
靴下などお持ちになったほうが良いと思います。


また假屋崎省吾さんは今年華道歴30周年を祝して
日本橋三越(8/7~8/19)、目黒雅叙園(9/20~10/12)、
北鎌倉円覚寺内佛日庵(10/30~11/8)に個展の開催が決まっているようです。


来年はどんなお花で睡鳩荘を飾ってくださるでしょうか。
5月くらいにはインターネットで告示される予定と
係りの方がお話くださいました。
楽しみにしたいと思います♪


2011年の記事はこちらです♪     その①   その②
   




   
トラックバックURL : http://cheemama.exblog.jp/tb/20742415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chee-mama | 2013-07-02 22:03 | 軽井沢 | Trackback

フォトスタイリストとしての視点から大好きな軽井沢の情報を中心に、素敵な雑貨や美味しいものをご紹介しています。 写真から素敵なストーリーが伝わりますように・・・


by chee-mama